比嘉愛未、ディーンは“巻きの王子様”「学ばされることばかり」

比嘉愛未、ディーンは“巻きの王子様”「学ばされることばかり」

ディーン・フジオカ、比嘉愛未

7月15日に15分拡大SPでスタートする木曜劇場『推しの王子様』(フジテレビ系、毎週木曜22:00〜)の第1話完成報告会が7月12日に開催され、主演の比嘉愛未、共演の渡邊圭祐、ディーン・フジオカ、白石聖が登壇した。

本作は、乙女ゲーム(女性向け恋愛ゲームの総称)を手がけるベンチャー企業「ペガサス・インク」の代表取締役社長である日高泉美(比嘉)が主人公。泉美が五十嵐航(渡邊)を理想の男性に育てるため奮闘する“逆マイ・フェア・レディ”な日々を、まばゆいほどの胸キュンとともに描くロマンティック・コメディ。

比嘉はオファーを受けた時の心境を、「役者人生15年で初めてラブコメディが来たなという思いでした。純粋にうれしかったですし、完全オリジナルなので台本を読んでいて、私自身もワクワクしました。泉美を演じることで、自分の人生も輝くのかなとワクワクしました」とニッコリ。「撮影が始まり1か月経ちますが、現場の雰囲気がすごくいい。それは作品も現れていると思うので、自信を持って皆さんに届けられると思います」と手応えを明かした。

オファーから1週間で現場に臨んだが、「初めて役作りがある意味できなかったんですけど、今ではしなくてよかったなと思います」と打ち明け、「ガチガチに固めて作品に入るよりは、柔軟にみんなとのセッションを楽しめる状況が最初からできていて。また、初日からこのチームなら大丈夫だという安心感があったので、みんなを信じて、自分の体と心を使って泉美の台詞や心を届けたいというそれだけで、ナチュラルに役に入れたように気がします。演じるというより、泉美として生きようと思いました」と振り返った。

現場の雰囲気はすでに和気あいあいとしており、人狼ゲームが流行っているそう。比嘉は「ディーンさんが持ってきてくださって、みんなで始めたんですけど、ドハマりしてしまい。ハマり過ぎて、芝居にまで影響がいくようになりました」と苦笑いしながらエピソードを披露。人狼ゲームはディーンが一番上手だそうで、渡邊は「間違いなく比嘉さんが一番下手です」と暴露すると、比嘉は「ウソがつけないし、赤面症で。一番苦手なんですが、みんなと仲良くなりたいので率先してトライしています」と照れながら弁明していた。

作品にかけて、「この作品で成長してる部分は?」という質問が。渡邊は比嘉について、「すごく天然。細かいツッコミどころをしっかりレシーブしていく、リベロ精神が僕の中ですごく育ってます」と明かし、「比嘉さんは『どうやったらツッコめるのか』と悩んでいらっしゃるので、僕が育成しています」と告白。比嘉は苦笑いしながら「ずっとツッコまれる人生なので、渡邊くんから学んでいつかぎゃふんと言わせたい」と意気込んでいた。

また、比嘉と初共演となる3人が比嘉の推しポイントを発表する一幕も。白石は、「圧倒的ビジュ(アル)」とあげ、「すごいきさくで、いつも笑顔で、現場がめちゃくちゃ華やかになる。抜けているところも推せる」と絶賛。

ディーンは「かわいらしい一面もあるけど、スタッフさんと話してる時にたまに『比嘉だぞ』『女優だそ』って言ってることがある」と暴露。比嘉は「ジョークでそういう遊びをしてたんです。辞めてください。営業妨害です!」と苦笑いしていた。

渡邊は比嘉の推しポイントを「裏表がなく、飾りがなく、初日にコンプレックスを話してくれるくらいオープン。絶えず笑顔で現場が和みます。すごく尊敬していて、こういう人になりたいとこっそり見てます」と告白。比嘉は「うれしいです」と笑顔を見せていた。

一方、比嘉は3人について「愛おしい方ばかり」とコメント。ディーンについては「お会いした時に“王子様だ!”と思って緊張して、変な汗をかきました。イメージ通りで、品のある方だけど、中身はピュアで探求心があり、自分に嘘がない方、人柄やお芝居にもでているので、学ばされることばかりです」と感謝。また、「毎回朝、『今日も巻いていこう』と言っていて。“巻きの王子様”ですね」とも明かしていた。

関連記事(外部サイト)