比嘉愛未“泉美”、渡邊圭祐“航”の育成をスタートさせる

比嘉愛未“泉美”、渡邊圭祐“航”の育成をスタートさせる

日高泉美(比嘉愛未)

比嘉愛未が主演を務め、渡邊圭祐、ディーン・フジオカらが出演する木曜劇場『推しの王子様』(フジテレビ系、毎週木曜22:00〜)の第2話が、7月22日に放送される。

本作は、乙女ゲーム(女性向け恋愛ゲームの総称)を手がけるベンチャー企業「ペガサス・インク」の代表取締役社長である日高泉美(比嘉)が主人公。泉美が五十嵐航(渡邊)を理想の男性に育てるため奮闘する“逆マイ・フェア・レディ”な日々を、まばゆいほどの胸キュンとともに描くロマンティック・コメディ。

先週放送された第1話は、自分の“推し”そっくりの男を“育てる”という斬新な設定・展開、また泉美の“推し”に対する思いに、SNS上では「わかる……!」「推しがいるだけで幸せになる」「推しがいると仕事も頑張れる」と共感の声が。その一方で、泉美を支える光井倫久(ディーン)の存在について「推さないのが不思議」「完璧王子様が隣にいるよ!」「尊い……推します!」といったコメントが見られた。

<第2話あらすじ>
彼を上等な男に育てよう。外見も中身も、最高の王子様に――。乙女ゲームを手がけるベンチャー企業「ペガサス・インク」の社長を務める泉美(比嘉)は、自身の理想通りに作った推しキャラ「ラブ・マイ・ペガサス」の主人公・ケント様にそっくりな航(渡邊)に出会う。だが航は、ケント様に似ているのは外見だけで、がさつで無神経、おまけに無気力な男だった。そんな航に、乙女ゲームに出会う以前の、夢もやりたいこともなく退屈な日々を送っていたかつての自分を重ねた泉美は、彼を「ペガサス・インク」で雇うことにする。今はまだ何者でもない航がケント様になれるかどうかを、副社長の光井(ディーン)と賭けた泉美は「絶対、ちゃんと育ててみせる」と宣言し……。

泉美から航を紹介された渡辺芽衣(徳永えり)や有栖川遼(瀬戸利樹)、小原マリ(佐野ひなこ)ら「ペガサス・インク」のスタッフは、ケント様にそっくりなその姿に驚きを隠せない。航は、とりあえずプランナーの有栖川の下につき、雑用から始めて仕事を覚えることになった。ところが航は、社会人の常識どころか、漢字や敬語すらろくに知らないような有様。困り果てた有栖川たちは、このままだと大きな問題を起こしかねないから泉美にもきちんと面倒を見てほしい、と訴えた。

そんなある夜、仕事を終えて帰路についた泉美は、公園で野宿しようとする航を目撃し……。

関連記事(外部サイト)