斎藤工“ヘミングウェイ”がネットをザワつかせる!? 謎の漂着者の正体は…

斎藤工“ヘミングウェイ”がネットをザワつかせる!? 謎の漂着者の正体は…

新谷詠美(白石麻衣)、ヘミングウェイ(斎藤工)

斎藤工が主演を務める金曜ナイトドラマ『漂着者』(テレビ朝日系、毎週金曜23:15〜※一部地域を除く)が、7月23日スタートする。

とある地方の海岸に全裸のイケメン男性が漂着したところから始まるこの物語。偶然この男を発見した女子高生たちが軽い気持ちでSNS上に動画を投稿したことで、「#イケメン全裸漂着者」というワードがトレンド入りするほどバズり、男は一躍“時の人”に。また、発見時につぶやいた言葉から「ヘミングウェイ」と呼ばれ注目を浴びるなど、人気も急上昇! さらに、記憶がなく、自分が何者かもわからないこの男が、世間を騒がせている事件を解決に導く予言めいた力を発揮したことで、次第に人々から崇められる存在になっていく。

前代未聞の幕開けを迎える本作の企画・原作を担当するのは、稀代のヒットメーカー・秋元康。SNSが情報を席巻するこの時代において、まつり上げられるのも一瞬、叩き落されるのも一瞬という現代社会の恐怖、そして正体不明の男がまるで“教祖”のように人々を狂信させていくさまを描く禁断の衝撃作。謎の漂着者・ヘミングウェイを斎藤が演じ、共演には、白石麻衣、野間口徹、戸塚純貴、橋本じゅん、岩谷健司、リリー・フランキー、船越英一郎、生瀬勝久と豪華出演者陣が脇を固める。

<第1話あらすじ>
とある地方の海岸を女子高生3人が歩いていると、全裸の男(斎藤)が倒れていた。3人がスマホで動画を撮影しながら恐る恐る近づいて行くと、男が突然顔を上げ、「勝者には何もやるな」とつぶやき、意識を失ってしまう。

緊急搬送された病院で検査した結果、記憶障害が疑われるうえに、かなりの距離を泳いで来て溺れたことが判明。身元がわかるものも所持しておらず、唯一の手掛かりは、左足首に入ったタトゥーだけ……。担当医・国原栄一(船越)は、何か思い出したことがあればメモを取るように、と進言する。男は、思いつくままに頭に浮かんだ単語や、どこかの風景を描き始めるのだが……?

一方、女子高生3人は男を発見した際の動画を軽い気持ちでSNS上に投稿。すると「#イケメン全裸漂着者」というワードがトレンド入りするほど大バズり!「勝者には何もやるな」という言葉から、「ヘミングウェイ」と呼ばれ、男は一躍時の人となる。ヘミングウェイは女子高生たちから「今後も動画をアップし続けていけば、あなたのことを知っている人が現れるかもしれない」と言われ、撮影を許可する。

そんな中、県内では女児の失踪事件が発生。これまで半年の間に起きた女児5人の連続殺人事件との関連が疑われ、世間を騒然とさせていた。捜査を続ける県警捜査一課の刑事・柴田俊哉(生瀬)と野間健太(戸塚)、そしてスクープを狙う新聞記者・新谷詠美(白石)らが事件を追う中、ついに女児が発見される。すると、女児の発見場所が、ヘミングウェイがノートに描いた風景と酷似していることが判明。この絵も動画でアップされていたため、ヘミングウェイは予知能力をもっているのではないか、とネットをザワつかせることに! 取材を希望する詠美、事件への関連を疑う柴田らがヘミングウェイの病室を訪れるのだが……?

そんなある日、初老の入院患者・後宮徳治郎がヘミングウェイとエレベーターに乗り合わせる。すると、ヘミングウェイの足首に入ったタトゥーに気づいた後宮が何かをつぶやき、突然怯え始めて……?

関連記事(外部サイト)