鈴木亮平“喜多見”の過去が明らかに?公安刑事が立ちはだかり…

鈴木亮平“喜多見”の過去が明らかに?公安刑事が立ちはだかり…

記事画像

鈴木亮平が主演を務める日曜劇場『TOKYO MER〜走る緊急救命室〜』(TBS系、毎週日曜21:00〜)の第7話が、8月15日に放送される。

最新の医療機器とオペ室を搭載した大型車両(ERカー)で、危険極まりない重大事故・災害・事件の現場に駆けつけ、“一人も死者を出さない”ために奮闘する救命救急チーム“TOKYO MER”の活躍を描く。

救命救急チーム“TOKYO MER”のメンバーは、チーフドクターの喜多見幸太(鈴木)、研修医・弦巻比奈(中条あやみ)、看護師・蔵前夏梅(菜々緒)とベトナム人看護師・ホアン・ラン・ミン(フォンチー)、麻酔科医・冬木治朗(小手伸也)、臨床工学技士・徳丸元一(佐野勇斗)。そして、厚生労働省の官僚であり医師の音羽尚(賀来賢人)の7人。

先週放送された第6話では、奥多摩町の山中でオリエンテーリング中の小学生が行方不明になる遭難事故が発生。その中には冬木の息子・壮太も含まれていた。MERのチーム力と親子の絆が描かれたストーリーに、ネット上では「みんなマジでスーパーヒーローだった」「チームの結束力、強い」「みんなカッコいいの素晴らしい」「今日の冬木先生カッコよかった!!」「冬木先生の姿に感動しました」などのコメントが寄せられた。

<第7話あらすじ>
外国人労働者が原因不明の症状を訴え、出動したTOKYO MER。集団食中毒事件と思われたが、なぜか現場は多くの警察官によって占拠されていた。事態の真相が見えないまま傷病者を搬送しようとする喜多見幸太(鈴木)だったが、そこに公安刑事・月島しずか(稲森いずみ)が現れ、患者の身柄を拘束してしまう。

この事件の背景には、政府を揺るがす大きな事件と驚くべき喜多見の秘密が……。それは喜多見の「空白の1年」にも繋がっていた!

関連記事(外部サイト)