山田裕貴、11年前に保護された1匹の犬と出会う

山田裕貴、11年前に保護された1匹の犬と出会う

記事画像

相葉雅紀がMCを務める『I LOVE みんなのどうぶつ園』(日本テレビ系、毎週土曜19:00〜)が9月4日に放送。この日は、山田裕貴、四十住さくら、向井慧(パンサー)、田中卓志(アンガールズ)がゲスト出演する。

相葉が学び、培ってきた経験とやさしい目線で、日本中、世界中の動物園・水族館はもちろん、街の片隅に生きる動物たち1匹1匹の「個性」をリアルに、丁寧に描いていく動物番組。番組の拠点となるのは、番組オリジナルトレーラー車「どうぶつ園号」。このどうぶつ園号には、世界中・日本中から続々と動物ニュースが届けられ、時には相葉自らどうぶつ園号を運転し、動物好きなゲストを乗せて、気になるニュースの現場へ!

実は、大の動物好きとして知られるアスリートの四十住選手。実家では、犬や猫のほかに、ヤギまで飼っているそう。そんな四十住選手をゲストに迎えた相葉の元には、今日も続々と動物ニュースが。まずは、アンガールズ田中の実家で毎年巣を作るツバメたちの最新情報を紹介。今年もキッチンに10個の卵が確認され、田中の兄が、ふ化の瞬間を撮影すべく密着を行う。

また、山田は、神奈川県にある動物保護施設「おーあみ避難所」へ。ここで、11年前に保護された1匹の犬と出会い、散歩の楽しさを知ってもらうべく外に連れ出そうとするも、その犬は怯えて外に出ることを拒む。そこで、山田の取った行動とは?

前回の放送では、関東のとある山奥で、6匹の日本犬たちを育てる藤岡弘、一家が、貴重な日本犬たちの魅力を世界中に発信すべく、TikTokを始めることに。しかし普段は超アナログ派な藤岡ファミリー、食いしん坊の秋田犬・琴ちゃんの、ご飯をむしゃむしゃ食べる音を撮ろうとするも、なかなかうまくいかず……。

関連記事(外部サイト)