片桐はいり主演、人情味あふれる島ドラマ『東京放置食堂』がスタート

片桐はいり主演、人情味あふれる島ドラマ『東京放置食堂』がスタート

主人公・真野日出子(片桐はいり)、小宮山渚(工藤綾乃)

片桐はいりを主演に迎え、水ドラ25枠の新ドラマ『東京放置食堂』(テレビ東京系、毎週水曜24:10〜)が9月15日からスタート。

ドラマの舞台となる大島は、東京から120kmも離れた太平洋に浮かぶ島で、東京都内にある別名・東京アイランド。都内とは思えないほど、大自然に溢れ、街の喧騒から放置された時間の流れを忘れられるこの場所だからこそ育まれる魅力的な人間模様・島グルメが描かれる。

片桐演じる主人公・真野日出子は東京生まれ・東京育ちで、数多くの被告人を裁き、更生させてきた曲がったことが大嫌いな初志貫徹の元裁判官。これまで、裁判官として幾度なくキャリアを重ねてきた彼女だが、人を裁くことに疲れてしまい、退官を決意する。そして、あることをきっかけに、日出子は大島へ……。片桐のほかに、工藤綾乃、与座よしあき、松川尚瑠輝、梅垣義明らが物語を彩る。

<第1話あらすじ>
人を裁くことに疲れて東京を出た元裁判官の主人公・真野日出子(片桐)がやってきたのは、東京から120km南の太平洋に位置する大島。

そこで日出子は、島で生まれ育った小宮山渚(工藤)と出会い、ひょんなことから、渚が祖父から受け継いだ、居酒屋『風待屋』を手伝うことに……。

関連記事(外部サイト)