チャンカワイ「ご飯は1日3合までは食べても太らない?」を検証

チャンカワイ「ご飯は1日3合までは食べても太らない?」を検証

記事画像

『それって!?実際どうなの課』(中京テレビ・日本テレビ系、毎週水曜23:59〜)が、9月15日に放送される。

同番組は、世の中の“今”を映し出すリアルドキュメントバラエティ。「どうなの課の課長」の生瀬勝久、「主任」の博多華丸・大吉、レギュラーの森川葵、大島美幸(森三中)、そしてチャンカワイ(Wエンジン)が出演する。

大盛りご飯を食べても太らない、という噂を聞いたことはあるだろうか? ご飯とおかずには「6:4」という黄金比率が存在し、この比率さえ守れば、1日3合までは食べても太らないのだとか。そこでチャンがその噂が実際どうなのかを徹底検証!

1日4合以上のご飯とおかずを「6:4」の比率で3日間食べ続け、体重の増減を測る。初日の朝食は1.3合のご飯とトンカツで、チャンは「夢のよう!」と大喜び。その後も、大盛りご飯と一緒に餃子、チキン南蛮……と、いかにも太りそうなおかずを「幸せ! 最高かよ!」と食べ進め、ペロリと平らげていく。

驚きの結果に、チャンの食欲もますますレベルアップ!? 3日間でご飯1.5升とおかず、合わせて約9kgも食べたチャンの体重は、果たしてどうなるのか?

前回の放送では、春日俊彰(オードリー)が、「日本一酸っぱいもの」を、餅田コシヒカリ(駆け抜けて軽トラ)が、「家事を毎日するだけで痩せるのでは?」を検証した。

関連記事(外部サイト)