島田珠代のパンティーテックスを10色展開!人間が潜在的に好きな色が判明

島田珠代のパンティーテックスを10色展開!人間が潜在的に好きな色が判明

記事画像

3月27日(日)の12時35分より、ケンドーコバヤシとハライチ(澤部佑、岩井勇気)がMCを務める特番『らんきんぐバカ』(読売テレビ※関西ローカル/4週連続放送)の最終回が放送される。

うまいラーメンランキング、就職活動人気企業ランキング、大学偏差値ランキングなど、日本人はとにかく「ランキング」が好きだと言われているが、この番組はありきたりなランキングでは飽き足りない方へ向けた“全方位調査型娯楽番組”。検索しても出て来ない、もしくは検索しようと思ったこともない……でも言われてみればちょっと知りたい……そんなランキングを、汗をかいて番組が徹底調査。MCとゲストが困惑しつつ1位を予想していく。

ゲストには大久保佳代子と村瀬哲史(東進ハイスクール講師)。澤部は前回同様、新型コロナウイルスの影響により残念ながら収録に不参加。代役は立てず、パネルでの出演となるが、前回収録時の澤部のツッコミが音源化されており、時々出演者にツッコミを入れることが可能となっている。オープニングでケンコバが村瀬に「なにかご自身ならではのランキングはお持ちですか?」と尋ねると、「今まで一番びっくりした仕事1位はラグビー特番」との回答。日頃からラグビーシャツのイメージが強い村瀬だが、「ラグビー経験、1ミリもない」そうで、実際は社会人までバドミントンに精をだしていたらしい。

最初のランキングは「『○○に似てるね』名前があがる有名人ランキング」。街ゆく男女800名以上にアンケートを行い、似ていると言われることの多い有名人のランキングを調査する。「街歩いてたら俺に似てる人いますよ」というケンコバに、大久保も「私も似てると言われる。昔の学校の先生とか」と呼応し盛り上がる。実地調査では戸田恵梨香、吉岡里帆などに似ていると言われたという一般女性や、有吉弘行に似ていると言われて憤慨する男性などが登場。果たして男女それぞれの1位は誰なのか。

2つ目のランキングは「ニッチな月刊誌 発行部数ランキング」。「月刊へら専科」「月刊たる」「月刊下水道」「月刊現代印章」などといった、一般的な人は手にしたことはおろか目にしたこともなさそうな月刊誌を10誌厳選。その発行部数ランキングを考える。ここでは村瀬が本領を発揮。「お酒や魚を扱う雑誌は広告収入が多いはず」と「月刊たる」が上位ではないかと、広告収入面から発行部数を読む。大久保は「月刊糖尿病」を1位とし、「病院に一定数置かれるからかなり数は多いと思う」と予想した。実際の調査の中では各雑誌のパンチの効いた編集者たちも登場。「犯罪捜査に協力することがある」などといった驚きの事実や、意外な人気企画の裏側が判明し、ケンコバも「今度買ってみたい!」と大興奮する。

3つ目は「人間が潜在的に好きな色ランキング」。人間が潜在的に好きな色を調査するべく、番組は吉本新喜劇・島田珠代に協力を要請。もはや彼女の代名詞となったギャク“パンティーテックス”だが、その際に彼女が着ているレオタードを赤・青・黄・黒など10色用意、10パターンの動画を島田の公式YouTubeチャンネルにアップし、「どの色のレオタードのパンティーテックスが一番再生数が伸びるのか?」を調査。それにより、人間が潜在的に好きな色が判明するのではという仮説を立てる。調査VTR内での珠代の奮闘ぶりにケンコバは「お笑いBIG3超えたんちゃう?」「世界のお笑いの1位」と脱帽する。

ほか、ミニコーナーとして出演者にまつわるランキング予想も。今回はハライチがランクインすることをねらって調査した「○○イチといえば?ランキング」。ハライチは思惑通りランクイン。その1つ上の順位と1つ下の順位を一同が予想する。

<出演者コメント>
ケンドーコバヤシ:ニッチな月刊誌ランキングはたのしかったですね。知らないことを知れましたね。移動が長いときとか買ってみてもいいなと思いました。珠代さんも本当にすごかった。今回も澤部はいないので、澤部の分のギャラ、珠代さんに上乗せしてください。

岩井:女性ですけど、“侍”だなと思いました。

ケンドーコバヤシ:そうやな。ああいうのを“侍”というんやろな。皆さんが見てくれることによって、今後“岩井のランキング”も出来ると思うので、ぜひご覧いただきたいです。

岩井:ぼくのランキングをやってもらえるよう、レギュラー化したいですね。

関連記事(外部サイト)