いよいよ最後の謎に迫る!菅田将暉“整”が新幹線で出会ったのは――

いよいよ最後の謎に迫る!菅田将暉“整”が新幹線で出会ったのは――

久能整(菅田将暉)

菅田将暉が主演を務める月9ドラマ『ミステリと言う勿れ』(フジテレビ系、毎週月曜21:00〜)の最終話が、3月28日に放送される。

田村由美による累計発行部数1300万部突破の大人気同名コミックが原作の本作は、菅田演じる天然パーマがトレードマークの主人公・久能整が、淡々と自身の見解を述べるだけで事件の謎も人の心も解きほぐしていく令和版・新感覚ミステリー。

前回の放送では風呂光聖子(伊藤沙莉)が自ら招いたピンチを犬堂我路(永山瑛太)が救出。連続殺人犯の辻浩増を演じた北村匠海(DISH//)の演技にはネット上で「背筋凍る」「圧巻だった」など絶賛の声があがった。

<最終話あらすじ>
美術展を見終わった久能整(菅田)は東京へ帰る新幹線に乗車すると、隣席に美樹谷紘子(関めぐみ)が座った。うたた寝から目覚めた整がふと隣席を見ると紘子が手紙を読んでいた。便箋を見た整は思わず“な、ご、や、に、は、く、る、な”と口にする。驚く紘子に整は謝罪。だが、手紙にそんなことは書いていないので、紘子には意味がわからない。整は文章ではなく、イラストの頭文字を並び替えたのだと教える。すると、紘子は他の手紙も整に見せてくれた。

手紙は父からのものだと言う紘子は、両親を幼い頃に亡くし、亡き母の親友に育てられた。しかし、最近になり紘子は育ててくれた母のクローゼットに古い手紙が隠されているのを見つける。それが今読んでいた手紙で、父が今の母に宛てたものだ。今の母から両親は亡くなったと聞いていたが、父からの手紙には紘子を返して欲しいという訴えが書かれていた。

紘子が手紙に書いてあった宛先に手紙を出してみると、返事が来たので、その住所に新幹線で向かうところだと言う。しかし、手紙のイラストを解くほどに危ういメッセージが連なる。そんな2人の様子を見ながら徐々に席を移り近づいて来る人物がいた。整が声をかけると、それは紘子の育ての親の美樹谷サキ(高畑淳子)だった。

その頃、犬堂我路(永山)たちは風呂光聖子(伊藤)らを助け、辻浩増(北村)から犬堂愛珠(白石麻衣)の死の真相を聞いていた。だが、そこには新たな謎が……。

関連記事(外部サイト)