『見取り図じゃん』など「バラバラ大作戦」新番組ふくむ全14番組紹介

『見取り図じゃん』など「バラバラ大作戦」新番組ふくむ全14番組紹介

記事画像

豪華出演者×若手クリエイターがタッグを組み、平日深夜に放送されている新感覚のエンタメゾーン「バラバラ大作戦」(テレビ朝日系、毎週月曜〜木曜25:56〜/毎週金曜26:20〜※関東ローカル)。この春、5つの新番組『見取り図じゃん』『イワクラと吉住の番組』『アルピーテイル』『阿佐ヶ谷ワイド!!』『キヨヅカライザー〜音楽考察バラエティ〜』が加わり、4月4日より新ラインナップが始動。個性バラバラな全14番組の4月クール初回の見どころを紹介する。

『見取り図じゃん』(毎週月曜25:56〜)

この春、上京して本格的に東京進出に乗り出す、見取り図(盛山晋太郎、リリー)。そんな彼らが“東京に染まろう”をテーマにさまざまな企画に挑むバラエティ。

4月4日(月)は、彼らがガチで本気を出す際に行う“儀式”からスタート。大阪時代からの盟友、森田哲矢(さらば青春の光)をぶん回し、番組成功を祈ってある場所に訪れる。暴れまくる見取り図に翻弄された森田に訪れるラストに注目だ!

『トゲアリトゲナシトゲトゲ』(毎週月曜26:16〜)

福田麻貴(3時のヒロイン)、加納(Aマッソ)、サーヤ(ラランド)がMCを務め、自由にトークしたり、深夜ならではの企画に挑戦したりする同番組。

4月4日(月)は「加納の代役を作っておく夜」と題し、いつ加納が収録を休んでもいいように、今回は“加納の代役素材”を撮影することに! 福田とサーヤに言われるがまま、グリーンバックの前で、普段加納が言いそうなワードを撮影。撮影した50以上の加納素材をサーヤが操作し、実際にトークが成立するのか試してみることに。はたして加納の実体がなくてもトゲトゲは成立するのか……?

『もう中学生のおグッズ!』(毎週月曜26:36〜)

タレントグッズ集めが趣味のもう中学生が「売れる番組グッズ」を研究し、販売しようというロケバラエティ。

4月4日(月)は新年度からの『おグッズ』はどうしていったらいいのか、“おグッズファミリー”でもある、ゲストのとにかく明るい安村、国崎和也(ランジャタイ)、ヤジマリー。(スカチャン)と作戦会議をするはずが、全員ボケのカオス状態でオープニングが番組史上最長に。特に、安村の『浅草キッド』完全再現は必見。そしてようやく本編開始かと思いきや、偶然目の前を通ったパンサー・向井慧と尾形貴弘を発見し捕獲。無茶ぶりに次ぐ無茶ぶりで、悪夢のオープニングは終わらない……。

『ホリケンのみんなともだち』(毎週火曜25:56〜)

芸能界で独自のポジションを築いたベテラン芸人“ホリケン”こと、堀内健(ネプチューン)の新たな人間的魅力を引き出す同番組。破天荒だけじゃないホリケンの魅力を引き出す唯一無二のオリジナルバラエティ。

4月5日(火)は「ホリ出し物件ハウマッチ〜セカンドハウスを探したい!!〜」と題し、ホリケンのセカンドハウスを探すべく、ゲストの堀未央奈、森本晋太郎(トンツカタン)の“ホリー×ホリー×モリー”の3人で逗子・葉山の物件へ。「広大な敷地に佇む海と暮らす大邸宅」と謳われた一軒家の豪華さに、3人とも大はしゃぎ。この物件は一体おいくらなのか? 3人が予想していく。そして、ホリケンは気に入るのか?

『イワクラと吉住の番組』 (毎週火曜26:16〜)

独特な感性を持つイワクラ(蛙亭)とピン芸人の吉住が、街の人々が抱える“小さな悩みや秘密”を聞いて本音で語り合うトークバラエティ。心が疲れ切った現代の人々に、2人の独特な考えや不思議な正義感でやさしく寄り添っていく。

番組では、冠番組が決まったことを楽屋突撃で報告。ドッキリをかけられるのが苦手な2人は、予想外のリアクションを……!?「冠番組の収録なのにテンション低すぎる」とマネージャーに言われた吉住、「MCは任せてほしくない」と発言する先輩だけど年下のイワクラ。2人の距離は、どのように縮まっていくのか? お互い緊張した面持ちで初回収録がスタートする。

『凪咲とザコシ』(毎週火曜26:36〜)

渋谷凪咲(NMB48)の初冠番組『〜凪咲と芸人〜マッチング』に、ハリウッドザコシショウがMCに加わる形で番組名もリニューアルした同番組。

4月5日(火)の放送では、「凪咲とザコシでテレ朝さんぽ!」と題し、4月から2人が改めてお世話になるテレビ朝日を仲良くお散歩。「お散歩日和の毛利庭園で仲良しフォト撮影」「テレ朝ショップで凪咲が人生初披露の誇張モノマネ!」「どこでもタイガーステップ」「なぎさの10秒人生相談」などのテーマでトークを展開する。2人のロケをモニタリングするツッコミゲストには、トンツカタン・森本が登場する。

『まんが未知』(毎週水曜25:56〜)

芸能人が考えたショートストーリーを漫画家が作画して一本の読み切り漫画を作り上げる漫画制作バラエティ。MCは岩井勇気(ハライチ)と花澤香菜が務める。

4月6日(水)の放送で、原作を担当するのは、岩井の相方、澤部佑(ハライチ)。作画を担当するのは人気雑誌で連載中の漫画家・稲葉そーへー。澤部が考案したのは、本人も足繁く通う“個室ビデオ”をテーマにしたファンタジーバトル漫画。普段ネタを作らない澤部の原作はいったいどんな物語になるのか? そして岩井の反応は?

『空気階段の空気観察』(毎週水曜26:16〜)

さまざまな場所の“空気”を、空気階段(鈴木もぐら、水川かたまり)の2人が番組内でリポートする同番組。

4月6日(水)は、若者の“フラれたLINE”の文面を見ながら恋愛相談にのる「フラレター相談室」を実施。人生経験豊富な2児のパパ・鈴木と、プライベートで色々あった水川、さらにゲストに今、旬な“さゆりんご”こと松村沙友理を迎え、さまざまなフラレターさんの話を聞く。「私、狩人派だから」「セフレにならない?」「ゲーム中毒の彼氏」など、さまざまな理由でフラれてしまったイマドキの若者たちの恋愛事情を深堀りする。

『アルピーテイル』(毎週水曜26:36〜)

MCを務めるアルコ&ピース(平子祐希、酒井健太)が、SNSでバズっている“コントアニメ”にフィーチャー。人気芸人と新進気鋭のクリエイターの化学反応で生まれたコントアニメをオムニバス形式で放送される。

水曜深夜、時空が歪み、マルチバースの扉が開く……。気がつくと、見知らぬ土地に立っていたアルコ&ピース。変わってしまった己の容姿に文句を言いつつ、なんだかんだ楽しそう。そんな2人と一緒に見るコントアニメは、珠玉の3本。賞レースチャンピオンのネタあり、キレツッコミの名手のネタあり。そして、みんな大好きあの人が、アニメになってまさかの登場……!?

『ぺこぱポジティブNEWS』(毎週木曜25:56〜)

“やさしい笑い”のぺこぱ(シュウペイ、松陰寺太勇)が、殺伐としたニュースに埋もれがちなポジティブニュースを拾って発信していく同番組。

4月7日(木)の放送では、高知県室戸市にあるユニークな水族館が子供たちの人気を集めているニュースをピックアップ。なんと、その水族館は“廃校”をそのまま利用していた。人間が通わなくなった小学校には今、色とりどりの海の“転校生”が元気に活動している。少子化・過疎化に伴い、全国で廃校が増加している中、廃校をポジティブに変換させたアイデアを紹介する。

さらにスタジオでは、ぺこぱが廃校をポジティブに利用する新しいアイデアを討論、“廃校ポジティブプロジェクト”を立ち上げる?

『阿佐ヶ谷ワイド!!』(毎週木曜26:16〜)

阿佐ヶ谷姉妹(渡辺江里子、木村美穂)がMCを務める同番組は、杉並区“阿佐ヶ谷”をもっとステキな街にするため、阿佐ヶ谷姉妹がさまざまなことに首を突っ込む地域密着型バラエティ。

記念すべき4月7日(木)放送の第1回目は、番組ロゴ作りを実施。さっそく2人が向かったのは、阿佐ヶ谷在住なら誰もが知る“阿佐ヶ谷神明宮”。御朱印で有名なこの神社の宮司さんにロゴを書いてもらいたいというのだが……。はたして2人の無茶なお願いを宮司さんは快く引き受けてくれるのか? またどんなロゴが完成するのか?

『野田レーザーの逆算』(毎週木曜26:36〜)

野田クリスタル(マヂカルラブリー)とカズレーザー(メイプル超合金)が、「答え」から問題を考察して「問題文」を導き出す「逆算思考」を競う謎解きゲームバラエティ。

4月7日(木)はゲストに春日俊彰(オードリー)、河村拓哉(QuizKnock)、本高克樹(7 MEN 侍)を迎え、視聴者や謎解きプロ軍団からの逆算問題を考察。 答えから問題を考察するプロセスで普段使わない脳みそをフル回転させる。

『新日ちゃんぴおん。』(毎週金曜26:20〜)

テレビ朝日と新日本プロレスが強力なタッグを組んだプロレスバラエティ。三谷紬アナウンサーがMCを務め、新日本プロレス所属のスターレスラーたちがリングの上で見せる闘う姿とはひと味違った一面を見せる。

4月1回目の企画は2週連続放送! 4月8日(金)は、プロレスラーのスゴさを見せつける、“棚橋弘至先生の春のスポーツテスト”を実施。さまざまなスポーツテストを行って、体力・筋力・柔軟性など、いかにプロレスラーがスゴイのか!? に迫る。一般的なスポーツテストから番組オリジナルの新競技まで……運動神経バツグンのYOH選手とマスター・ワト選手が挑戦する。

『キヨヅカライザー〜音楽考察バラエティ〜』(毎週金曜26:40〜)

MCの清塚信也が今、話題のゲストや投稿されたサビだけの音楽をピアニスト目線で考察していくバラエティ。

4月8日(金)の初回ゲストとして、TikTok総再生回数11億回を超える旬なアーティスト・imaseが登場! imaseの楽曲は何故SNSでバズるのかなど、清塚がピアノを使いながらゲストの魅力を解説。さらに、番組に寄せられた“失恋相手に贈るサビ”をテーマに音楽専門学校の皆さんが作った楽曲を考察。番組の最後には、imaseが今回のために作成した“失恋相手に贈るサビ”動画を披露する。

関連記事(外部サイト)