ディーン・フジオカ、欲しいのは「どこでもドア」?主演ドラマの会見で本音がポロリ

ディーン・フジオカ、欲しいのは「どこでもドア」?主演ドラマの会見で本音がポロリ

記事画像

ディーン・フジオカ主演の土曜ドラマ『パンドラの果実〜科学犯罪捜査ファイル〜』(日本テレビ系、4月23日スタート、毎週土曜22:00〜)の制作発表会見が、4月9日に行われ、ディーンのほか、共演者の岸井ゆきの、ユースケ・サンタマリア、佐藤隆太、本仮屋ユイカ、板尾創路、石野真子、本作のメガホンを取った羽住英一郎監督が登壇した。

本作は日本テレビ×Huluの共同製作ドラマとして、4月より日本テレビ系土曜ドラマにてseason1(全10話)が放送開始。その後、Huluオリジナルのseason2(全6話)がHuluで独占配信される大型連続ドラマプロジェクト。科学犯罪対策室を創設し、最先端科学にまつわる事件の捜査を担当する小比類巻祐一(ディーン)と、そのアドバイザーで、天才科学者の最上友紀子(岸井)が、法整備や警察機構の対応が追い付いていない犯罪や不思議で不可解な事件、事件の裏に隠された科学そのものを捜査によって解き明かしていく様を描く。

ディーンは主人公の小比類巻の魅力について問われると、「禁断の、しかも究極の選択みたいなことを突きつけられながら、日々自分の職務である科学犯罪を捜査していく。人間関係など様々な問題を抱えながらも、一人の人間が心揺れ動きながらも前に進んでいく、そこがいちばんの魅力かなと理解しています」と自身の見解を述べる。

作品についても「科学が生み出すいろいろな可能性の反面、光があるところには闇がある。パンドラの箱は開けてしまうとたくさんの災難が出てくる。最後に希望が残るというエピソードだと思うので、このドラマを通じてどういう現代社会を生きていて、明日どんな未来を自分たちが迎えるのか、そこでどう生きていくのか、それを希望とともに届けられたらいいなと思います」と期待を込めて紹介した。

ディーンは「とにかく見ていただきたい。素晴らしい脚本です。撮影チームも演出も素晴らしい。こんなに美しく、こんなにハードコアな作品で、自分もびっくりしています。物語の中に一本太い線がある。そこも楽しみにしていただければ」とさらに作品をアピール。これに対して元捜査一課の叩き上げベテラン刑事を演じるユースケも「絶対やってやるからな!」と意気込んだ。

ディーンはまた、本ドラマの主題歌「Apple」(A-Sketch)を書きおろし、主題歌を歌う。この主題歌についてもこの日、「究極の選択を突きつけられながら日々我々は生きている。そんな思いを音の物語の中でも感じていただけたら」とコメント。岸井はそんなアーティストとしてのディーンに対して「現場では俳優としてのディーンさんと接しているんですけど、私とディーンさんは体を動かすのが好き。(合間の時間に)三点倒立をしたりするんですけど、ディーンさんの(トレーニングに対する)探究心がすごい。アーティストとしてはそういったものが必要なのかなって」と言及。

その上で「楽曲は今日初めて聴かせてもらったんですけどこの作品にぴったり。ちょっと感動しました。テレビドラマで、映像と音楽との化学反応も素晴らしい。単純に感動しました」と絶賛した。途中、科学技術に対してのトークコーナーも用意されたが、ディーンは「どこでもドアを作りたい」と茶目っ気たっぷりなコメントで会場をわかす。「どこでもドアがあれば、帰宅したいです。(コロナ禍で)3年くらい帰っていないので」と話して照れ笑いを浮かべていた。

関連記事(外部サイト)