増田貴久、田中みな実ら演じる“負け組”が奇妙な共同生活!?『吉祥寺ルーザーズ』

増田貴久、田中みな実ら演じる“負け組”が奇妙な共同生活!?『吉祥寺ルーザーズ』

記事画像

NEWSの増田貴久が主演を務めるドラマプレミア23『吉祥寺ルーザーズ』(テレビ東京系、毎週月曜23:06〜)が、4月11日(月)よりスタート。そして、民放公式テレビ配信サービス「TVer」にて無料リアルタイム配信される。

秋元康が企画・原作を務める完全オリジナルドラマとなる本作は、主演の増田が演じる安彦聡をはじめ人生の負け組6人が、吉祥寺のシェアハウスで一緒に暮らす日々を描いたシチュエーションコメディドラマ。

安彦の他に、夫と離婚調停中の元女性ファッション誌の編集長・大庭桜(田中みな実)、全く売れていないが芸人を自称している実演販売員・秦幡多(片桐仁)、博多から上京してきた生意気なキャバ嬢・望月舞(田島芽瑠)、普段は真面目なのにギャンブルに溺れ借金まみれの公務員・胡桃沢翠(濱田マリ)。さらに、元広告代理店勤務のエリートながらリストラされた天涯孤独の男・池上隆二(國村隼)といった個性的なキャラクターが登場する。

物語の舞台は不動の人気タウン東京・吉祥寺。なぜか安い家賃に、不可思議な募集方法、そして、謎の開かずの扉……。そんな、謎めいたシェアハウスで、性別も年齢も職業もバラバラのルーザーたちの奇妙な共同生活が今始まる。

<第1話あらすじ>
吉祥寺のとあるシェアハウスに引っ越して来たワケありの6人。高校教師の安彦聡(増田)や元女性誌編集長の大庭桜(田中)など、性別も年齢も職業もバラバラだ。

オーナー代理と名乗る犬居(皆川猿時)曰く、倍率17倍から選ばれた“負け組=ルーザー”の集まりとのこと。また鍵が掛かった部屋に絶対入らないことがここに住むルールだと……。

6人はなぜ負け組に? 開かずの部屋に一体何が?

関連記事(外部サイト)