土屋太鳳“佐都“、松下洸平“健太”との誕生日旅行が頓挫してしまい…

土屋太鳳“佐都“、松下洸平“健太”との誕生日旅行が頓挫してしまい…

リツコ(松本妃代)、佐都(土屋太鳳)

土屋太鳳が主演を務め、松下洸平と共演する木曜劇場『やんごとなき一族』(フジテレビ系、毎週木曜22:00〜)の第3話が、5月5日に放送、及び民放公式テレビ配信サービス「TVer」にて無料リアルタイム配信される。

原作は、「Kiss」(講談社)で連載中のこやまゆかりによる同名コミック。庶民の家庭から上流社会の一族に嫁ぐことになった土屋演じる主人公・深山佐都が、理不尽な一族のしきたりや親族内の複雑な人間関係に翻弄されながらも、松下演じる夫・深山健太とともに真正面から立ち向かい奮闘するアフター・シンデレラ・ストーリー。

先週放送された第2話では、立花泉(佐々木希)が健太の秘書に就任。健太はもともと泉に思いを寄せており、泉とは許嫁同士だったことを聞かされた佐都は、泉の秘書就任は、圭一が自分と健太を別れさせるために仕組んだことだと思い至る。泉の存在に心を揺さぶられる佐都に、ネット上では「負けないで〜」「これは波乱だな」「こじれそうな予感」「応援してる」などのコメントが寄せられた。

<第3話あらすじ>
深山佐都(土屋)は、義母の久美(木村多江)の気持ちを案じて深山家の愛人問題に一石を投じた。しかし、佐都を健太(松下)の妻として認めようとしない義父・圭一(石橋)は、さらなる策略を巡らせる。圭一は、かつて健太が慕っていた立花泉(佐々木希)を彼の秘書にしたのだ。だが、すでに健太は佐都だけを愛しており、2人は間もなく迎える2人一緒の誕生日に旅行を計画する。

ところが、圭一が健太に同行するよう命じた福岡出張が誕生日と重なり、旅行の計画は頓挫することに。健太に期待し、大きなプロジェクトを任せるという圭一の様子に、長男・明人(尾上松也)と妻・美保子(松本若菜)は歯がみをしていた。

健太が圭一と出張に出かけた日、佐都は義妹の有沙(馬場ふみか)に呼び出される。有沙は深山家所有のクルーザーで遊んだ後の片付けを佐都に頼んだのだ。断り切れない佐都が掃除をしていると、そこに三男・大介(渡邊圭祐)の妻・リツコ(松本妃代)が現れる。事情を察し憤ったリツコは、佐都を連れ出して彼女の誕生日パーティーを開催する。同じ深山家の嫁として佐都を励まし、深山家に対する愚痴をこぼすリツコだったが、ふとスマホを見ると顔色を変え、パーティーをおひらきにすると言いだす。

関連記事(外部サイト)