斎藤工「笑ってはいけない」への挑戦裏話を語る

斎藤工「笑ってはいけない」への挑戦裏話を語る

斎藤工

斎藤工が、5月8日に放送、及び民放公式テレビ配信サービス「TVer」にて無料リアルタイム配信される『日曜日の初耳学』(MBS・TBS系、毎週日曜22:00~)内の林修先生が“時代のカリスマ”と一対一で対峙する大人気企画「インタビュアー林修」に登場する。

同番組は、いま知っておくべき話題のトレンドを物知りな林先生とやさしく掘り下げ、日曜の夜をちょっとだけ元気にするバラエティ。大政絢もMCとして出演し、この日は河北麻友子、木嶋真優、澤部佑(ハライチ)、千原ジュニア、中島健人(Sexy Zone)、矢吹奈子も出演する。

斎藤は、小学生時代に受けた感性教育や、表現者の道を目指すきっかけとなった父の存在、行動力の原点となった1冊の本など、人生に大きな影響を与えたものについて語るほか、デビューからこれまでを振り返り、ターニングポイントや出演作品への思いを明かす。

個人の感性を尊重する教育方針を掲げる母校「シュタイナー学園」で、小学校時代を過ごした斎藤。幼少時代の生活が俳優としての基礎を作り上げたと語る斎藤だが、父親の仕事に影響を受け、表現者を目指してモデルデビューしたのは高校生の時。海外を放浪しながらモデルの仕事を求め歩くという型破りなモデル活動をしていた斎藤は、高校3年生の時にパリコレデビューを果たした。当時の斎藤を知り、20年来の親交をもつ写真家、レスリー・キーが斎藤の魅力を語る。

一方、ドラマ『昼顔』で一気にブレイクし、俳優としてその存在を知られることになった斎藤。だが、その裏側には知られざる苦悩と挫折の日々があったという。俳優人生を振り返りながら、ターニングポイントとなったドラマ『海猿』のオーディション秘話をはじめ、『昼顔』の役作り、そして、全力ネタで世間に衝撃を与えた『ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!』の「笑ってはいけない」シリーズへの挑戦裏話など、出演作品にまつわるエピソードを語る。

そして「初耳トレンディ」のコーナーのテーマは「人気店の公式アプリ」。スマホに入れておけばきっと役立つ人気企業の公式アプリを、スマホ芸人のかじがや卓哉らスマホアプリに詳しい専門家が解説する。さらに、数ある企業アプリの中、今話題を集めている大ヒットアプリをギャル曽根が体験。便利すぎて大感動の画期的な機能とは?

なお前回の放送では、「インタビュアー林修」に販売部数No.1女性誌「ハルメク」の敏腕編集長・山岡朝子が登場した。

関連記事(外部サイト)

  • 記事にコメントを書いてみませんか?