小芝風花“澪”がもう1人…あざとさMAX&小悪魔キャラのニセモノが登場

小芝風花“澪”がもう1人…あざとさMAX&小悪魔キャラのニセモノが登場

記事画像

小芝風花が主演を務める『妖怪シェアハウス−帰ってきたん怪−』(テレビ朝日系、毎週土曜23:00〜)の第6話が、5月14日に放送、及び民放公式テレビ配信サービス「TVer」にて無料リアルタイム配信される。

本作は、小芝演じる気弱で空気を読むことだけが取り柄だった目黒澪が、ボロボロのどん底に陥っていたところをシェアハウスで暮らす妖怪たちに拾われ、やがて澪が直面するトラブルや悪い奴らを妖怪たちに助けられながら成敗し、成長していく姿を描いた異色のホラーコメディ。

前回放送された第5話では、澪??の書いた「AIの限界」をテーマにした記事によって、AIロボをペットのように可愛がる??大作家・大河内(木村靖司)??が激怒。澪??とともに編集者の小豆沢流(岩崎う大)が、クビを言い渡されてしまう。澪は、クビを取り消してもらおうと、妖怪たちと協力して謝罪する。大河内はAIロボVS人間(妖怪)の対決を要求してきて……。

<第6話あらすじ>
書けない呪いが解けた目黒澪(小芝)は映画のノベライズを担当させてもらえることに。喜んだのも束の間、澪は短い期間で膨大な量を書かなくてはならず、狸の怪しい置物がある物置のような部屋に押し込まれて作業に忙殺される。

ところが翌日、四谷伊和(松本まりか)は忙しくてシェアハウスにも帰ってこない澪が、佐藤満(豊田裕大)とイチャイチャしている場面を目撃してしまう。さらに、澪がSNSでも満を思っていることを匂わせるような“あざとい”投稿をしていることが発覚し、シェアハウスでは妖怪たちが大騒ぎ!

そんなある晩、澪はノベライズを書き終えて上竜樹(安井順平)に提出するが、読んでもらえずに突き返されてしまう。困惑していると、突然たぬきそばが届く。差し入れかと思い、喜んでそばをすするが、その直後に澪は自分が透明になっていることに気づいた。

慌てた澪は急いでシェアハウスに戻って助けを求めるも、誰にも気づいてもらえない。それだけでなく、そこにはもう1人の澪の姿が! ニセモノの澪は満に甲斐甲斐しく世話を焼き、妖怪たちには媚びへつらう。そんなもう1人の澪に皆も嬉しそうで……。

ニセモノの澪の正体とは一体。そして、居場所を奪われた澪の運命はいかに!?

関連記事(外部サイト)