松岡昌宏“三田園”、自由気ままなレンタル母・岸本加世子“信枝”​​と対峙!

松岡昌宏“三田園”、自由気ままなレンタル母・岸本加世子“信枝”​​と対峙!

記事画像

松岡昌宏が主演を務める『家政夫のミタゾノ』(テレビ朝日系、毎週金曜23:15~)の第5話が、5月20日に放送、及び、民放公式テレビ配信サービス「TVer」にて無料リアルタイム配信される。

本作は、女装した大柄な家政夫・三田園薫(通称:ミタゾノさん)が、派遣された家庭・家族の内情を覗き見し、そこに巣食う“根深い汚れ”までもスッキリと落としていく、松岡主演の痛快“覗き見”ヒューマンドラマの第5シリーズ。

前回放送された第4話では、「世界とコネを作る=セカコネ」で人気を博している​​社会科学者・有馬祥子(森口瑤子)の自宅に派遣された一行。三田園は、彼女の息子・拓也(稲葉友)​​が引きこもりであることを確認する。一方、祥子、アシスタントの木原真美(長井短)、そして担当編集者の都築由紀夫(久保田悠来)は、自分たちが“タイムリープ”していることに気づいて……。

<第5話あらすじ>
今回の依頼人は、マッチングアプリで出会った女性・久美子(小島藤子)との3か月の真剣交際を経て、ついに今日プロポーズをするという山室孝一(山口森広)。そのプロポーズの場を豪華な料理で盛大に盛り上げたい、との依頼を受け、三田園薫(松岡)と本仮屋素子(山本舞香)はとある豪邸を訪れる。

そこで三田園たちを迎えたのは、孝一と信枝(岸本加世子)という女性。「孝一の母親」だと名乗る信枝だったが、不可解な言動、豪邸に似つかわしくない質素倹約な家事スキルを目にした三田園は、すぐに信枝が“本物の母親”ではないと見抜いてしまう。じつは信枝は“レンタル母”。高校生の頃に両親を事故で亡くしていた孝一は、親がいないという理由で結婚を断られることを懸念し、前もって信枝をレンタルしていたのだ。

だが、3万円で雇われていた信枝は「割に合わない」と、久美子が来る直前に“レンタル母”の任務を放棄! そんな信枝に三田園は、久美子の父が超大企業の社長だということをこっそりと囁く。孝一だけでなく相手の女性までもが金持ちと知った信枝は、態度を豹変させ、“レンタル母”としての任務を全うしようとする。

順調に進んでいるかのように見えた孝一と久美子、そして信枝の食事会。しかし久美子が席を外し、信枝も「やはり帰る」と家を出たその時、信枝は衝撃的な光景を目撃する。

そうとは知らない孝一は、信枝が帰ったものと思い、なんと“レンタル父”近藤(上島竜兵)まで手配してしまう。見知らぬもの同士ばかりになった豪邸で巻き起こる混沌の結末とは?

関連記事(外部サイト)

  • 記事にコメントを書いてみませんか?