大橋和也“一ノ瀬”「何時間でも話を聞いたる!」悩む元カノに神対応

大橋和也“一ノ瀬”「何時間でも話を聞いたる!」悩む元カノに神対応

記事画像

大橋和也(なにわ男子)が主演を務めるドラマ『僕の可愛いはまだまだ発展途上!?』の第2話が、『俺の可愛いはもうすぐ消費期限!?』(テレビ朝日系、毎週土曜23:30〜)第6話放送終了後に動画配信プラットフォーム「TELASA(テラサ)」にて独占配信スタート。

山田涼介(Hey!Say!JUMP)演じる可愛いを武器に生きてきた“あざかわ男子”丸谷康介と、芳根京子演じる26年恋愛経験ゼロの“ロボット女”真田和泉――キュンすることが難しい不器用な2人の遅すぎる初恋を描“キュンムズ”ラブコメ。

『僕の可愛いはまだまだ発展途上!?』は、弥生ビールの関西支社から東京本社の営業1部に異動してきた若き営業マン・一ノ瀬圭(大橋)が主人公のスピンオフドラマ。第1話では、慣れない土地で仕事に奮闘中の一ノ瀬が、高校時代の元カノ・大原美波(上西星来)と運命の再会を果たした。

第2話では、美波への思いを封印してきた一ノ瀬の心を揺さぶるできごとがぼっ発! なんと、上京して芸能人になり、弥生ビールの新商品「夏浪漫」のイメージキャラクターも務める美波が、突然一ノ瀬の自宅を訪ねて来たのだ。戸惑いながらも部屋に迎え入れた一ノ瀬に、美波は仕事で悩んでいることを語り始めて……。つい最近、美波と同じような経験をした一ノ瀬は、悩みを相談した時に上司・山室つかさ(西田尚美)が掛けてくれた言葉を思い出す。

まだまだ発展途上の若手だが、一緒にお酒を飲むほど大人になったことに感慨深い気持ちになる一ノ瀬と美波。運命の再会を果たした夜、お互いに弱い部分もさらけ出して語り合った2人は……?

さらに5月22日には、『テラサってる?』(テレビ朝日、27:00〜)で『俺の可愛いはもうすぐ消費期限!?』を大特集することが決定。自分から人を好きになったことのない受け身人生を送ってきた康介と、26年間恋愛経験ゼロの和泉、不器用な2人の可愛すぎる恋模様をギュギュッと詰め込んだ胸キュンシーンをたっぷり振り返るほか、『僕の可愛いはまだまだ発展途上!?』の第1話も地上波初放送される(※放送予定は変更になる可能性がございます。最新の放送予定は、テレビ朝日番組表をご確認ください)。

<『僕の可愛いはまだまだ発展途上!?』 第2話あらすじ>
高校時代の元カノで弥生ビールのイメージキャラクターを務める大原美波(上西)と運命の再会を果たしたその夜……一ノ瀬圭(大橋)は、女優になる夢を追う彼女を応援すると決めた日のことを思い出し、ちょっと感傷的な気分になっていた。すると、そこに登録していない番号からの着信が……。なんとその相手は美波! しかも住所を知らないままタクシーに飛び乗り、一ノ瀬の自宅に向かっている途中だという。 

突然のお忍び訪問に戸惑いながらも、美波が何かに悩んでいると察した一ノ瀬は、「何時間でも話を聞いたる!」と宣言。ビールのつまみに2人の思い出の味・一ノ瀬家秘伝のコロッケを作ることに。すると、美波がポツリポツリと仕事の悩みを口にし始める。自分も仕事で大失敗した際、同じような経験をした一ノ瀬は、その時上司・山室つかさ(西田)から言われて感銘を受けた言葉を美波にも伝えるのだが……?

関連記事(外部サイト)