ホストの“太客”が遺産相続トラブルの解決を綾瀬はるか“麗子”に依頼!?

ホストの“太客”が遺産相続トラブルの解決を綾瀬はるか“麗子”に依頼!?

篠田敬太郎(大泉洋)、剣持麗子(綾瀬はるか)

綾瀬はるかが主演を務める月9ドラマ『元彼の遺言状』(フジテレビ系、毎週月曜21:00〜)の第7話が5月23日に放送、及び民放公式テレビ配信サービス「TVer」にて無料リアルタイム配信される。

原作は、宝島社主催の2021年・第19回「『このミステリーがすごい!』大賞」で、大賞を受賞した新川帆立による同名小説。敏腕弁護士の剣持麗子(綾瀬)と篠田敬太郎(大泉洋)がバディを組み、数々のミステリーを解いていくリーガルドラマ。

先週放送された第6話では、ホストクラブで起こった殺人事件について解明しようと麗子が動いた。ゲストとしてホスト役を演じた人気声優・入野自由の演技に、SNS上で「演技もうますぎる」「かわいかった」などの反応があった。

<第7話あらすじ>
諸事情により元上司の津々井君彦(浅野和之)から大手食品会社・ヒグマ食品の案件を引き継ぐことになった剣持麗子(綾瀬)。大はしゃぎする麗子のもとに、今度はホストの黒丑益也(望月歩)から電話が入る。自分の太客・山谷典子(高田聖子)が抱える遺産トラブルを解決してほしいというのだ。典子は父親の死因が財産目当てで近づいてきた後妻の女に毒を盛られたことだと主張する。しかし麗子は死因の特定は警察の仕事だと冷たくあしらう。

一方、ヒグマ食品は1兆円を超える大規模なM&Aを控えていた。だが、同社総務部長の武藤と商品開発部の木村は、頼みたい案件は別だと言って麗子に1枚の紙を見せる。それは「5月23日、社員食堂の毒入りシチューで死人が出る」という脅迫状で……。

関連記事(外部サイト)