綾瀬はるか、大河ドラマ『八重の桜』への特別の思い「女優を辞めてもいいと思った」

綾瀬はるか、大河ドラマ『八重の桜』への特別の思い「女優を辞めてもいいと思った」

綾瀬はるか

綾瀬はるかが、6月5日に放送、及び民放公式テレビ配信サービス「TVer」にて無料リアルタイム配信される『日曜日の初耳学』(MBS・TBS系、毎週日曜22:00~)に出演。林修先生が“時代のカリスマ”と一対一で対峙する大人気企画「インタビュアー林修」に登場する。

同番組は、いま知っておくべき話題のトレンドを物知りな林先生とやさしく掘り下げ、日曜の夜をちょっとだけ元気にするバラエティ。大政絢もMCとして出演し、この日は大家志津香、河北麻友子、佐々木美玲(日向坂46)、澤部佑(ハライチ)、千原ジュニア、中島健人(Sexy Zone)も出演する。

綾瀬は、2000年に「ホリプロスカウトキャラバン」で審査員特別賞を受賞し芸能界へ。2004年にドラマ『世界の中心で、愛をさけぶ』で注目を浴び、その名を世の中に知らしめた。数々のヒットドラマや映画に出演し続け、飾らないキャラクターで誰からも愛され続ける綾瀬の魅力と素顔に迫る。

芸能事務所に入るも、やりたいこともわからずにオーディションを受ける日々を過ごしていたという綾瀬。そんな綾瀬の運命を劇的に変えたのが、2004年に放送されたドラマ『世界の中心で、愛をさけぶ』。そこで綾瀬を国民的女優へと導いたある人との出会いがあった。「初めてやりたいと思った役」と語る綾瀬が当時を回想し、オーディションの様子や大きな覚悟で挑んだその撮影秘話を明かす。

そしてもうひとつ、綾瀬が特別な思いを寄せる作品となったのが、大河ドラマ『八重の桜』。「この作品が終わったら女優を辞めてもいいと思った」と語る、その真意とは? また、この作品がきっかけとなり、10年以上にわたり交流を続けてきた東日本大震災の被災地・福島への思いを語る。

さらに、『JIN-仁-』『義母と娘のブルース』『天国と地獄~サイコな2人~』など、様々な作品で見事なまでに役を演じ切ってきた綾瀬が、感情の作り方など演技論について語る。そんな綾瀬が明かす“苦手な芝居”とはいったい?

一方、プライベートについて、その面白さを自身も認める爆笑ハプニングや天然エピソードが続々登場。ドラマで共演して以来親交がある多部未華子らからの貴重な証言も紹介される。

なお前回の放送には、低迷していたユニバーサル・スタジオ・ジャパンの業績をV字回復に導くなど、数々の企業の再建を手掛けてきた驚異のマーケター・森岡毅が出演し、特別講義を行った。

関連記事(外部サイト)

  • 記事にコメントを書いてみませんか?