二宮和也“温人”、犯人から未知留と東堂の交換を要求され…

二宮和也“温人”、犯人から未知留と東堂の交換を要求され…

記事画像

二宮和也が主演を務める日曜劇場『マイファミリー』(TBS系、毎週日曜21:00〜)の最終話(第10話)が6月12日に15分拡大で放送、及び民放公式テレビ配信サービス「TVer」にて無料リアルタイム配信される。

ゲーム会社の社長・鳴沢温人(二宮)は、妻・未知留(多部未華子)と小学生の娘・友果(大島美優)を持つ父親。一見幸せそうな一家だが、娘を誘拐されるという人生最悪の事態に見舞われ、家族の絆が試されることになるノンストップファミリーエンターテインメント。友果は無事に戻ってきたものの、1年後に温人らはまたしても悲運に見舞われる。

先週放送された第9話では、温人と刑事の葛城圭史(玉木宏)が協力し合うというストーリー展開に「鳥肌もの」「アツい」「胸を打たれた」??とのコメントが。また、ドラマの最後には未知留が何者かに襲われるシーンがあり、「息止まった」「妊婦だから心配」などの声が寄せられた。

<最終話あらすじ>
鳴沢未知留(多部)が誘拐された。犯人は夫の温人(二宮)に、逃走中の東堂幹生(濱田岳)と未知留の交換を要求。温人は犯人を暴いてほしいと葛城圭史(玉木)に頼み、自身は未知留を救うため、三輪碧(賀来賢人)とともに東堂への連絡を試みる。

ついに連続誘拐事件が完結する。果たして犯人は誰なのか? 一体なぜ誘拐をしたのか?

なお現在TVerでは、後半のストーリーを6分で振り返ることができるダイジェスト動画が配信中。

関連記事(外部サイト)