内藤秀一郎『チェリまほ』でBLドラマを勉強「これを超える作品を作りたい」

内藤秀一郎『チェリまほ』でBLドラマを勉強「これを超える作品を作りたい」

瀬戸利樹、内藤秀一郎

内藤秀一郎と瀬戸利樹がW主演を務めるBLコメディドラマ『先輩、断じて恋では!』(MBS、毎週木曜25:29〜ほか)が、6月16日より放送開始。内藤と瀬戸のインタビューが到着した。

本作は多くの大ヒットBL漫画・小説作品を世に生んできたKADOKAWAが新たに立ち上げたBLドラマレーベル「トゥンク」と、『liar』『美しい彼』など近年多くの大ヒットラブストーリードラマを制作してきたMBSによるBLに特化したドラマレーベル「ドラマシャワー」の第2弾。天才CGクリエイターの柳瀬淳(内藤)と無表情で不愛想な後輩・金田優希(瀬戸)という一見アンマッチな先輩×後輩による、ドキドキが止まらない照れキュンオフィスラブコメディ。

――まずは率直に、本作品出演のお話を聞いたときの感想・印象を教えてください。

内藤:『仮面ライダーセイバー』で主演をやらせていただいたとき以来の主演だったので、久々に緊張するというか、重荷というか、頑張らなきゃなという気持ちになりました。BL作品に出演するのも初めてだったので、そういう点でもドキドキというか、しっかり演じられるかなという不安はありましたね。

瀬戸:恋愛ものは何度かやらせていただいたことがあったのですが久々で。今回お相手が内藤くんということで、会ったことがなかったのでどういう方なのかなと緊張していたんですが、初日から心を開いてくれてオープンな方で。本当に楽しく二人で作品を作り上げることができてよかったです。

――原作を読んでみた感想を教えてください。

内藤:BL作品を読んだのは初めてでした。自分が柳瀬役だと分かっていたので、読みながら自分と似てるなって思うところがいくつかあって面白かったです。柳瀬はチャラいと言われていますけど、僕も傍から見るとそう見えるみたいでチャラいってよく言われますし、いつもニコニコしているところや、けっこう嫉妬が多いところも「この嫉妬、分かる!」となって。共感が多かったですね。

――では、役作り的なことはあえてしなくても柳瀬になれましたか?

内藤:あえて意識したのは、クールなところだけですかね。僕、全くクールじゃないので……(笑)。クールぶって、かっこつけなきゃいけないなっていうのを気をつけながらやりました。ちょっとふざけるシーンなどで、よく監督に「内藤が出てるよ」って注意されてました(笑)。

――瀬戸さんは、原作の感想はいかがですか?

瀬戸:僕も初めてのBL作品だったのですが、すごく面白かったです。自分が演じる金田のキャラクターは、正直難しそうだなと思いました。ギャップがあるキャラクターだし、演じる上で受ける芝居が多くなると思ったので、リアクションが絶対大事だな、リアクション命で頑張りたいなと読みながら思ってましたね。

――ここ数年、実写BLドラマが国内外で非常に人気ですが、その人気ジャンルの作品へ出演するにあたってプレッシャーを感じることはありましたか?

内藤:撮影に入る前に勉強しようと思って、“チェリまほ”(『30歳まで童貞だと魔法使いになれるらしい』)を見たんですが、面白すぎて!「うわーこれを超える作品を作りたいな」と思いながら、撮影中も夜中に“チェリまほ”のドラマを見ていました。町田啓太さんが演じる黒沢に、柳瀬も似てるなと思いつつ、でも同じだと面白くないし……。こんな風に楽しませられる作品を作りたいな、作れるかなと、プレッシャーには感じましたね。海外の方にも見てもらえるということで、言葉でそのまま伝えられない分、表情での伝え方を頑張らないとなと思いました。

瀬戸:僕も『おっさんずラブ』と“チェリまほ”、同じ枠である『不幸くんはキスするしかない!』を参考に見ました。(本作も同じく)ラブコメディなので、キュンとするシーンと笑えるシーンのギャップを大事にしないといけないなと思いましたね。特に海外の方に見てもらう場合は画面から伝わる部分が多いと思うので、内藤くんにキメてもらうところや僕のリアクションなどの表情を頑張ろうと思いました。

――お二人は初共演ながらすぐに打ち解けられて、一緒にラーメンを食べに行ったと聞きました。他にも、撮影中に何か印象的なエピソードはありましたか?

内藤:ラーメン食べたねー。最初から同じにおいがプンプンしてたんです。二人ともマジで面白くないんですよ。僕も利樹のこと面白くないと思ってるし、利樹も僕のこと面白くないと思ってる。現場で笑いをとろうと頑張ってたんですけど、全然面白くなくて(笑)。僕がふざけてると利樹がツッコんで、利樹がふざけてると僕がツッコミ役になってましたね。

僕、会って2回目くらいから「利樹」って呼んでいるんですよ。歳もライダーとしても全然後輩なのに、そう呼ばせてくれる雰囲気や優しさ、大らかさがあって。もちろん尊敬していることが大前提でありますが、近寄りやすかったです。実際は後輩なのに役は先輩だし、最初は上手くやれるかなと不安に思っていたんですが、すごく仲良くなれました。空き時間とかもずっと一緒に話してましたね。

――瀬戸さんも同じ印象ですか?

内藤:それ僕も気になる! 勝手に「利樹」呼びなので……(笑)。

瀬戸:全然気にしてないよ! 先輩とは言っても歳はひとつしか変わらないし。もっとすごい年下の人だったら違うかもしれないですけど、1〜2歳違いなんてほぼ同い年ですよ。内藤くんはもっとクールな人かと思っていたので、ギャップはありましたね。「お! 1mmも(クールではない)……」と(笑)。

内藤:1mmも?(笑)。

瀬戸:見た目がクールに見えるじゃないですか。だからそのギャップはめちゃめちゃいいなと思いながら、楽しく撮影できました。

――最後に、ドラマをご覧になるみなさんに注目してほしいポイント、メッセージをお願いします。

内藤:作品全体を通して可愛いところがたくさんあるし、共感できるところもあると思います。柳瀬または金田と同じ気持ちになってもらったり、キュンキュンしてもらえたらなって思います。

瀬戸:オフィスラブコメディなので、みなさんの近くでも起こりうるシチュエーションでもあると思いますし……なんだろう、同じようなことしか思いつかないな……(笑)。

内藤:あ、ひとつ追加していいですか?

瀬戸:してして!!

内藤:秘密の恋の話なんですよね。別に社内恋愛自体がダメなわけではないですけど、周りには秘密にしていて、ちょっとコソコソしながらお互いにチラッと見たり目が合ったり意識し合っている感じが、二人ともたまらなく可愛いので注目してほしいです。会社内で恋愛中の方がいたら共感してもらえるかもなって思います。

瀬戸:注目ポイント、思いつきました! モノローグです!

内藤:あーそれ! 面白いよね。

瀬戸:内容も面白いし、最初は金田のモノローグが多いんですが、話数が進むにつれてそれが逆転していくのもひとつの見どころかなと思います。

内藤:自分の話になっちゃいますけど、僕も性格上グイグイ来られると余裕ぶっちゃうところがあって。逆に引き離されたり、相手にされなくなるとこっちから追うようになるみたいなことってあるじゃないですか。それが柳瀬にも起こっていて、リアルで面白いと思います。

関連記事(外部サイト)