古川雄輝“厘太郎”、小日向文世“一六”を告発!?いったいナゼ

古川雄輝“厘太郎”、小日向文世“一六”を告発!?いったいナゼ

記事画像

小日向文世が主演を務める金曜8時のドラマ 『嫌われ監察官 音無一六』(テレビ東京系、毎週金曜20:00~)の最終話が、6月17日に放送。及び、民放公式テレビ配信サービス「TVer」にて無料リアルタイム配信される。

2013年に第一弾が放送され、全6回のスペシャル放送を経て、金曜8時のドラマ枠で待望の連続ドラマ化。今作では、どんなに嫌われようとも監察官としての自分の信念と正義を貫く音無一六(小日向)が、相棒の巡査部長・四堂厘太郎(古川雄輝)とともに難解な事件に挑んでいく。

先週の第6話では、1000万の着服疑惑をかけられていた現職警察官・井出友孝(管勇毅)が自殺を図った。彼の死の裏には何かあるとにらんだ一六は事実を明らかにするため特別監査を開始するが、一六の捜査に不正があるとの内部告発が! なんと一六を告発したのは厘太郎で……。

<最終話あらすじ>
亡くなった仲間の意志を継ぐ捜査一課の勝野正己(高橋努)を助けるため、音無一六(小日向)を証拠隠匿で内部告発した四堂厘太郎(古川)。

一六は警視庁特別調査室・主席監察官の元木秀章(堀部圭亮)らに身柄を拘束されてしまう。

しかし厘太郎は、千住遼子(田中美佐子)や溝呂木三花(堀内敬子)から「一六は勝野を真の黒幕から守るため、監察下の名目で保護しようとしていた」と聞かされ後悔。

一六の潔白を証明するため仲間と共に再捜査を開始する!

関連記事(外部サイト)

  • 記事にコメントを書いてみませんか?