百田夏菜子“知花”、落合モトキ“悟”の代わりに漫画工房で働くことに…

百田夏菜子“知花”、落合モトキ“悟”の代わりに漫画工房で働くことに…

北山知花(百田夏菜子)

百田夏菜子(ももいろクローバーZ)が主演を務める土ドラ『僕の大好きな妻!』(東海テレビ・フジテレビ系、毎週土曜23:40〜)の第3話が6月18日に放送、及び民放公式テレビ配信サービス「TVer」にて無料リアルタイム配信される。

原作は、発達障がいがあるナナトエリさんと亀山聡さん夫婦によるコミック「僕の妻は発達障害」(BUNCH COMICS/新潮社)。アパレルショップで働く北山知花(百田)は発達障がいの特性があることが判明するが、前向きに歩き始める。そんな一組の夫婦の日常を描く、優しさいっぱいのラブストーリー。

先週放送された第2話で知花は、夫の悟(落合モトキ)から贈られたばかりの結婚指輪をなくしてしまった。悟は発達障がいの特性のせいだと気にしないつもりだったが、気持ちはモヤモヤ。知花も悟の本心を気にしてモヤモヤする。そこに悟の同僚・河口たかひろ(古川毅)が転がり込んできて大騒動に……というストーリーが展開された。

<第3話あらすじ>
師匠の漫画家・野村萬坊(小倉久寛)の「漫画賞、目指しなさい」という一言で急遽2週間の休みを言い渡される北山悟(落合)。代役として妻の知花(百田)が漫画工房でアルバイトをすることに。萬坊やチーフアシスタントの佐竹学(徳重聡)から作業を褒められ「自分にも出来ることはある!」と勇気をもらう知花。悟も家で集中して漫画制作に入ろうとしていた。

そんな中、知花の両親が北海道から突然上京してくる。母・夕子、父・一雄はまだ知花の障がいの事を知らない様子で……。ひょんなきっかけで告白することに。飲み込めないままの夕子と一雄は、翌日も北山家に顔を出してくる。

親にとって子供はいくつになっても心配なもの。しかしそれに輪をかけて知花の先回りをする夕子は、漫画工房の同僚の荒川ゆみ(結城モエ)、河口(古川)も苦笑い。一方の悟は、漫画をよそに一雄から知花がどんな子供時代を過ごしていたかを知っていく。

関連記事(外部サイト)