吉田鋼太郎&吉岡里帆“ゆるふわ監察官バディ”が連続殺人事件を解決!?

吉田鋼太郎&吉岡里帆“ゆるふわ監察官バディ”が連続殺人事件を解決!?

記事画像

吉田鋼太郎と吉岡里帆が演じるゆるふわ監察官バディの刑事ドラマ『監察の一条さん』(テレビ朝日系※一部地域を除く)が、6月29日(水)20時より放送、及び民放公式テレビ配信サービス「TVer」にて無料リアルタイム配信される。

全力でテヘペロするわ、ちょいと古めなJK用語を乱発するわ、仕事もサボってLINEしてばっかだわ、監察対象者とパフェ食べてイチャイチャするわ……と、一見ヤバめだけど実は凄腕監察官!? ゆるふわおっさん監察官・一条善太郎(吉田)が、めちゃめちゃ年下の壮絶ツッコミ系毒舌美人上司・結城まりあ(吉岡)と“最高にキュートでポップなゆるふわ監察官バディ”を結成! 何かにつけてぶつかり合いながらも、やがて力を合わせ、一条流・性善説ありきのアプローチでほっこり連続殺人事件を解決していく前代未聞の新感覚ミステリー。

<あらすじ>
警視庁捜査一課でばりっばりキャリアの道を突き進んできた超優秀な刑事・結城まりあ(吉岡)。そんな彼女がウエディングドレス姿で、参列者が待つ結婚式場に走り込んできた。「新郎が急きょ来られないということになりましたので、結婚式を中止とさせていただきます!」

なんとまりあ、まさかの当日になって結婚式をブッチされてしまったのだ。後日、1人新婚ハワイ旅行を済ませ職場に向かうと、捜査一課の仲間からは、当然のように腫れ物扱い。そんな中、バディを組むイケメン長身エリート刑事・椎名一樹(鈴木伸之)のフランクな優しさに心を癒されるまりあ。ところがその先には、さらにヘビーな現実が……!? なんと結婚のために提出した異動願がまんまと受理され、よりによって同じ警察官の不祥事を内偵する“嫌われ部署”=警務部監察係へと異動。監察官として新スタートを切ることになってしまったのだ。

しかも、まりあが監察係長・松岡瑠璃子(南果歩)からバディを組むよう命じられたのは、ド派手な柄シャツを着た、妙に軽くて馴れ馴れしいおっさん監察官・一条善太郎(吉田)! 一条ときたら、いきなり結婚式ドタキャンの話をズケズケ聞いてくるわ、初対面なのに「まりあちゃん」呼ばわりするわで「何、この人!? もしかして、ものすごい偉い人!? ……と思いきや巡査部長! 私よりも階級、3つも下!! うわ〜、この人苦手だ」とドン引き&心の中でツッコミが止まらないまりあ。

しかし、そんな彼女のダダ下がるテンションなど、どこ吹く風。一条はおっさんのくせに全力でテヘペロしたかと思ったら、急に「重要案件が入った」と言ってそそくさとおさぼり外出。人が話してる時もLINEが鳴りやまず、監察の仕事を聞けば関節の特徴を説いてくる。さらにまりあが、若い女性と何度も密会している交番勤務の警察官・大木康晴(菅原大吉)の素行調査に出掛けると、一条がなぜか監察対象の大木とパフェを食べながらイチャイチャ! 監察対象者と極力接しないのが監察官の基本だが、「対象者を知るには仲良くなることが一番なんだよ」と豪語する一条に、まりあのイライラは積もる一方で……。

そんな中、大木が女性と別れた後に会っていた男が、行方不明中の警察官が所持していた拳銃で殺される事件が発生。椎名ら捜査本部が大木を被疑者として追いかける中、引き続き素行調査のために大木を尾行していた一条とまりあは、なぜか事件の真相にたどり着く!?

関連記事(外部サイト)