国分太一、門前仲町に“妄想”引っ越し!近所への挨拶で緊張「めっちゃ汗でた!」

国分太一、門前仲町に“妄想”引っ越し!近所への挨拶で緊張「めっちゃ汗でた!」

記事画像

TOKIOの国分太一が、7月2日(土)12時55分から放送される『もしも、この町に住んだら』(テレビ東京)でアポなし“ガチ”ロケに挑戦する。

国分がMCも務める同番組は、「もしも、自分がこの町に住んだら?」という誰もが一度は思ったことがある妄想をガチ体験する“有名人×住みたい町”の妄想引っ越し&町ブラバラエティ。住んでみたい町の不動産屋さんで物件を探し、住む家を決めて引越しをしたあとは、自分なりの妄想生活も堪能する。

今回そんな体験をするのは、国分、阿佐ヶ谷姉妹、松陰寺太勇(ぺこぱ)。

国分は、若い時に住んでみたかったという下町エリアの「門前仲町」を訪れ、まずは地域密着型の不動産屋さんで物件探し。駅近1分という家を勧められるも「僕は15分~20分離れてても大丈夫」と物件選びで意外な一面を見せる。そして「下町を感じたい!」と条件に合う物件を決め、さっそく新居となる家の近所へ挨拶。「めっちゃ汗でた! やっぱり緊張する!」とドキドキの妄想引っ越しがスタートする。

さらに、町のシンボルである富岡八幡宮にお参りをしたあとは、「穴場の名店を見つけたい!」と大通りを一本入ったエリアでお気に入りの店探し。魅力的な店だらけの路地裏を発見した国分は、思わず「超楽しいんだけど!」と興奮する。気になった店には、自身で撮影許可の交渉を。果たして、自分の力だけで許可を取ることはできるのか?

松陰寺は、自然が多くて住みたかったという「西葛西」へ。お得な物件を見つけて大喜びしたのも束の間、町ブラへ繰り出そうとすると土砂降りとなり大ピンチに陥る。そんな大雨の中でも、散歩にぴったりの緑道や大好きな少年野球が見られる野球場など、お気に入りスポットを発見しテンションアップ。しかし、駅前で見つけた品ぞろえが気になるスーパーで取材NGと言われ、再びピンチとなってしまう。

阿佐ヶ谷姉妹は、大好きな商店街のある町「祖師ヶ谷大蔵」へ妄想引っ越し。憧れの1軒家を見つけて部屋の間取りに大興奮も、どちらがどの部屋を使うかで「財産分与じゃないんだから!」と言い合いに。また「スーパーが絶対に大切!」と意気揚々と商店街へと繰り出した二人は、「阿佐ヶ谷姉妹にそっくりって言われるの!」と言う明るい主婦や、アラン・ドロン似のダンディな中華料理店の主人など地元の人と触れ合い、すっかり“祖師ヶ谷”姉妹に変身する。

<番組プロデューサー・鈴木拓也コメント>
担当している『出川哲朗の充電させてもらえませんか?』の撮影で全国の町に行くと、「もしも、この町に住んでいたら、どんな生活するのかな?」と考えてワクワクすることがあります。きっと誰もが一度は考えたことがあるそんな妄想を、国分太一さんにテレビ東京名物の“ガチロケ”で体験してもらいました。住みたい町で太一さんらしく、キラキラとほしいものを探したり、アポなしでドキドキしながらご近所さんに挨拶したりと……ハプニングも満載です! 阿佐ヶ谷姉妹さん&ぺこぱ松陰寺さんの“住んでたら目線”でのガチの妄想引っ越しロケも人柄が出ていてとても楽しかったので、よろしければぜひ!

関連記事(外部サイト)

  • 記事にコメントを書いてみませんか?