緑川静香、依頼人の懐かしのゲーム機&サボテンを大量出品!

緑川静香、依頼人の懐かしのゲーム機&サボテンを大量出品!

記事画像

『それって!?実際どうなの課』(中京テレビ・日本テレビ系、毎週水曜23:59〜)が、7月6日に放送される。

同番組は、世の中の“今”を映し出すリアルドキュメントバラエティ。「どうなの課の課長」の生瀬勝久、「主任」の博多華丸・大吉、レギュラーの森川葵、大島美幸(森三中)、そしてこの日は狩野英孝、大島てる、緑川静香も出演する。

「どうやって停めたの?」と思う激セマ駐車場には、何かワケがあるはず。そこで、“ワケあり芸人”狩野&“ミスター事故物件”大島てるが、停めづらい「ワケあり駐車場」に、実際に車を停められるか挑戦する。

まず挑むのは、東京都江戸川区のワケあり駐車場。前後左右ギリギリに、高級車が停められており、塀には緩衝材が。さっそく狩野がハンドルを握り、大島てるがナビゲーターを務めるが、「怖ぇ〜全然見えねぇ!」と焦る狩野。大島のあいまいなナビを信じて車をバックさせるのだが……?

次に挑むのは、東京都足立区のワケあり駐車場。住人も駐車の際に後方確認係を呼ぶという狭さに2人は「マジで? 車停めるところなの!?」と言葉を失う。いざ駐車に挑戦するも、タイヤパンクの危機!?

続いては緑川が、家庭の不用品をスマホ1つで売りさばく企画で、愛知県半田市へ。実家の整理が手に負えず応募したという親子は、他界した祖父の“ひ孫にランドセルを買ってあげたい”という夢を叶え、毎年恒例の家族旅行を行うため、売り上げ目標を17万円に設定。

さっそく家の中を見てみると、25年以上前のPCモニターを発見。動作確認をするも反応なし。しかし緑川の強気の値付けに、依頼人は言葉を失う。さらに懐かしのゲーム機、さらには組み立て前のプラモデルを大量発掘! 緑川は「(値段が)上がる可能性があるかも」と期待を寄せるが……?

そして家の敷地には、祖父が手作りしたという巨大なビニールハウスが。中には、趣味で50年以上前から育てていたサボテンがいっぱい。植物の出品は初めての緑川。鉢に移し替えて大量出品する。そんな中、意外なあるモノが初売却となり、一同驚愕! しかし検証後半になっても、売り上げは目標金額の3分の1程度。悩む緑川に、アドバイザー・下河辺さやこが“愛あるテクニック”を伝授する。

前回の放送では、ザ・たっち(たくや、かずや)が「チャーハンは白米より太りにくいのか?」を検証した。

関連記事(外部サイト)