南方ひづる、しおりの「影」を仕留めるため…『サマータイムレンダ』第13話

南方ひづる、しおりの「影」を仕留めるため…『サマータイムレンダ』第13話

記事画像

TVアニメ『サマータイムレンダ』(カンテレ、毎週木曜26:55〜ほかTOKYO MX、BS11)の第13話が7月7日に放送される。

同アニメの原作は、「少年ジャンプ+」で連載され、累計閲覧数1億3000万回を記録する「サマータイムレンダ」(原作:田中靖規 / 集英社ジャンプコミックス刊)。主人公の網代慎平(CV:花江夏樹)が、幼馴染・小舟潮(CV:永瀬アンナ)の訃報を聞き、2年ぶりに故郷である和歌山市・日都ヶ島に帰省するところから始まるSFサスペンス。その島には、「自分にそっくりな“影”を見た者は死ぬ。影に殺されるー!」という不吉な噂があり……。

前回の第12話で、菱形窓(CV:小野賢章)の妹・朱鷺子(CV:河瀬茉希)が、これまでヒルコ様=ハイネ(CV:久野美咲)に「食餌」と称し死んだ人を与えてきたことが明らかに。そんな中、前に夏祭りで見た「大きな影」が現れ、潮の妹・澪(CV:白砂沙帆)を人質にとり慎平たちは絶体絶命に!?

放送後SNS上では、ハイネたちに「人間舐めんな!」と立ち向かう慎平と潮に注目が集まり「二人の覚悟と進化に希望が見える」「慎平に主人公の気概を見た」といったコメントがあがっていた。なお、民放公式テレビ配信サービス「TVer」では第12話が無料配信中。※7月7日(木)23:59まで

<第13話「トモダチ」あらすじ>
五度目の7月22日。意識が戻ると、「南雲竜之介」というペンネームで作家として活動している南方ひづる(CV:日笠陽子)が慎平をタイムトラベラーであると確信したタイミングだった。

潮の力でこれまでの体験をひづるに伝えると、慎平を信じてともに行動することを決める。

小早川しおり(CV:釘宮理恵)の「影」を確実に仕留めるために一行は小早川家へ向かうが、ひづる(竜之介)が予想外に襲撃されてしまう。全滅した慎平は六度目を迎えたと思ったが、14年前の世界――ひづるの記憶の中にいた。

関連記事(外部サイト)