Da-iCE岩岡徹、キーパーソンとなる花屋店主役で『競争の番人』第2話出演

Da-iCE岩岡徹、キーパーソンとなる花屋店主役で『競争の番人』第2話出演

岩岡徹

Da-iCEのパフォーマー・岩岡徹が、7月18日に放送される坂口健太郎と杏がW主演の月9ドラマ『競争の番人』(フジテレビ系、毎週月曜21:00〜)の第2話に出演する。岩岡にとってフジテレビのドラマは初出演となる。

原作は新川帆立の同名小説。公正取引委員会を舞台に、天才で理屈っぽい小勝負勉(坂口)と、実直で感情のままに行動する元刑事の白熊楓(杏)ら第六審査・通称“ダイロク”の面々が、談合や価格カルテルなど不正を働く企業の隠された事実を、あの手この手であぶり出していく。

第1話では、小勝負と白熊が公正取引委員会・第六審査、通称“ダイロク”の職員として、複数のホテルで行われている疑いのあるウエディング費用のカルテル問題を調査。そのカルテルの中心人物と思われる天沢グループ専務・天沢雲海(あまさわ・うんかい/山本耕史)の不正を暴くため、あの手この手で雲海に迫るも、地域随一の権力者で敏腕経営者である雲海がそう簡単に口を割るはずもなく、決定的な証拠を見つけられないままとなった。

そんな中、小勝負は雲海がカルテルとは別に、披露宴では欠かせない花を納入している花屋に対して、納入業者いじめをしているという新たな違反行為で、立入検査をして、カルテル問題を切り崩しにかかる。しかし、雲海は立入検査を拒否。それどころか、メディアを使って、「いじめられているのは私たちホテル側です」と主張し、“ダイロク”はあっけにとられてしまう。雲海は「老舗の花屋6店舗が結託して、不正行為を行っている」「この6店舗以外の花屋と取引をしたら、6店舗全員が今後の取引をやめるとおっしゃるんです」とテレビ番組で訴えた。

そして、7月18日放送の第2話では、そんな“ダイロク”が、年末までにホテル天沢が花屋に対して納入業者いじめをしているという証拠がそろわなければ調査は終了すると言い渡され、追い打ちをかけられる。いじめられているのは花屋のはずが、雲海がテレビで訴えた発言のせいで、花屋が結託し、ホテル天沢をいじめているのかどうかを調べることとなった小勝負と白熊。

そこでキーとなるのが、岩岡が演じるこの地域で新規参入してきた花屋・ブーケドゥッフェ店主の青柳歩夢(あおやぎ・あゆむ)。雲海が言うとおり、ブーケドゥッフェが老舗の花屋から締め出されているのか、小勝負と白熊が調査に向かう。歩夢は脱サラをして、1年前に昔からの夢だった花屋を開店させたばかり。しかし、ホテルや斎場の大きな仕事が全く取れず、一般のお客さんに向けての花の販売しかできていなかった。新たに浮上した、老舗花屋の結託問題は事実なのか? 事実であるとすれば、ホテル天沢に納入業者いじめを受けていた被害者であるはずの老舗花屋を公取委が追い詰める形に? そして、本来の敵であるはずの雲海の不正を今度こそ暴くことができるのか?

<岩岡徹(Da-iCE)コメント>
僕自身も一度仕事を辞め、今の環境に身を置いています。演じさせて頂いた花屋の店主、青柳歩夢と重なりました。彼は花がつなげてくれる人間関係や笑顔がただただ見たく、真摯(しんし)に花と向き合っています。そんな彼の真っ直ぐな気持ちがとてもまぶしい一方、自由で公正な場にすら立てない環境でも、ひたむきに働くその思いが痛ましくもありました。もどかしい競争世界。何か感情が動かされます。良い空気感で撮影できたことも監督をはじめ、スタッフの皆さんや共演者の方々に心から感謝です。ぜひお楽しみください!

<プロデュース 野田悠介(フジテレビ ドラマ・映画制作部)コメント>
岩岡徹さん演じる青柳歩夢は夢の実現のためにお花屋さんを始めたけれど、どれだけ頑張っても中々成果が上げられない。夢を持って頑張って真摯(しんし)に向き合う姿とは裏腹に商売という壁が立ちはだかっています。そんな青柳の純粋な人柄を岩岡さんに誠実に演じていただきました。ぜひご注目下さい!

関連記事(外部サイト)