我が家・坪倉由幸『刑事7人 シーズン8』第1話キーパーソンとして登場!

我が家・坪倉由幸『刑事7人 シーズン8』第1話キーパーソンとして登場!

記事画像

東山紀之主演ドラマ『刑事7人 シーズン8』(テレビ朝日系、毎週水曜21:00~)が、7月13日よりスタート。また、民放公式テレビ配信サービス「TVer」にて無料リアルタイム配信される

2015年にスタートして以来、東山演じる主人公・天樹悠を中心に、深い人間模様とサスペンスフルなドラマが共存する人気刑事ドラマシリーズとして走り続ける『刑事7人』。もはや“水9”の刑事ドラマ枠で、なくてはならない存在となり、好評を博した2021年放送のシーズン7も、デジタル化していく時代の流れを巧みに取り入れたストーリー展開、7人それぞれに焦点を当てたストーリーによる、キャラクターの背景の深掘りなどが注目を集めた。

そして今シーズンからは、天樹ら新専従捜査班メンバーたちと小瀧望(ジャニーズWEST)が扮する、新たに配属となるZ世代の坂下路敏(ろびん)とが織り成す化学反応に期待が高まっている。
 
第1話ゲストには、俳優としても活躍中の芸人トリオ・我が家の坪倉由幸が冒頭、キーパーソンとして登場。仲睦まじく女性を同伴し現れる胡散臭い男。これから結婚式の打ち合わせのようで、女性と「どんなドレスがいい?」と幸せそうに語るが、彼を見た新専従捜査班メンバーたちの目つきが変わって……!?

新専従捜査班に追い込まれ、大立ち回りするナゾの男。最終的には、天樹を相手に、ナイフを向け大暴れ。走ったり、花瓶の花を投げつけたりと、ハードな撮影が続いた。そんな坪倉のコメントが到着。東山とのマル秘エピソードなどを明かした。

<坪倉由幸 コメント>
歴史のあるドラマに出演させていただくのはとても光栄ですし、嬉しかったです! 最初にお話をいただいた時は「新レギュラーかな?」と思ったのですが(笑)。ちょっとしたアクションシーンもありましたが、キャストの皆さんとスタッフさんとの連携も素晴らしく、とてもスムーズに撮影が進み、さすがだな! と思いました。チームワークの良さに、僕もすごく演技がやりやすかったです。東山さんはさすがのオーラがあって、最初はちょっと緊張しました。しかし、ものすごく優しい方で、アクションシーンでは「ケガをしないように」「気を付けて」とケアしていただいて……「大丈夫です!」と言ったら「気を付けないとダメだよ。もし坪倉君がケガしちゃったら、俺が我が家に入らないといけないじゃない?」って(笑)。もう、わざとケガしようかと思いましたもん(笑)。(我が家メンバーの)杉山(裕之)と谷田部(俊)も喜びますからね、その方が。少年隊さんとは違った“3人組”が見られるかもしれないと一瞬、ワクワクしましたが、残念ながら……と言いますか(笑)、東山さんのおかげで無事にケガすることなく終わりました。本当に、優しく、オーラもユーモアもある方だなと改めて実感しましたね。また、塚本(高史)さんも以前から面識がありましたので、とても話しやすくて、明るい方ですし、緊張をほぐしてくれました。とてもありがたかったです。最近は、ドラマにも出させていただく機会が増えました。俳優として、次のシーズンからは“刑事8人”としてレギュラーで出られるように精進していきます!! もちろん、お笑いも頑張っておりますので(笑)、そちらもぜひ応援してください!

<第1話あらすじ>
新専従捜査班に新人・坂下路敏(小瀧)が配属された。東大卒のキャリア組だが、新専従捜査班を、天樹悠(東山)を筆頭としたエリート集団と認め、自ら希望して配属されてきたというのだ。爽やかでフレッシュで、いい子に見える新人の登場を歓迎する面々。教育係は水田環(倉科カナ)が務めることに。

そんな中、大学教授が胸を万年筆で刺される殺人事件が発生する。天樹、環、海老沢芳樹(田辺誠一)、野々村拓海(白洲迅)、そして青山新(塚本高史)らはさっそく現場に臨場。万年筆を何本も胸に刺すという犯行に、犯人の異常さを感じるのだった。

片桐正敏(吉田鋼太郎)を中心に、捜査会議が始まったが、被害者は“アカデミックハラスメント(=教職員が教育上の権力を濫用して学生に嫌がらせを行う行為)で生徒からの評判は最悪だとか。そして天樹は、1週間前の女性経営者殺人事件との関連を指摘する。

一方で、シェアボックスから会議にリモート参加していた路敏が、ハンドルネーム“ハラスメントキラー”が、大学教授と女性経営者のハラスメント被害を訴えるSNSに「イイネ!」を押し、犯人しか撮影できない画像をアップしていたことを突き止める。堂本俊太郎(北大路欣也)の司法解剖によれば「犯人は殺意よりもこの殺人を誇示している」とのことだが……真犯人はこの“ハラスメントキラー”なのだろうか!?

次々と起こる、匿名性の高い連続凶悪殺人事件を、彼らは無事解決することができるのか?

そして、新たなメンバーを迎えたばかりの新専従捜査班に、突然の別れが――。

関連記事(外部サイト)

  • 記事にコメントを書いてみませんか?