キスマイ千賀健永の「これぞアイドル!という振る舞い」を百田夏菜子・朝日奈央が称賛

キスマイ千賀健永の「これぞアイドル!という振る舞い」を百田夏菜子・朝日奈央が称賛

記事画像

Kis-My-Ft2が“真のカッコイイ男”になるために、“脱ブサイク”を目指して様々な難題にチャレンジする番組『キスマイ超BUSAIKU!?』(フジテレビ系、毎週木曜24:25〜)。7月14日の放送では、YouTubeなどで今話題の協力型ボードゲーム「ito(イト)」にキスマイメンバーが挑戦。1〜100の数字が書かれたカードを1枚ずつ引き、数字を口にしたらアウトという制限の中、お題に沿って自分のカードを表現していくという番組オリジナルのアレンジルールでプレイしていく。

ゲストは、朝日奈央と百田夏菜子(ももいろクローバーZ)。高校時代の同級生であり、大親友という2人。朝日は「地元の友達を連れて来ちゃった感があるくらい、なんか恥ずかしいです」と仲良しムードでゲームがスタート。そんな2人に“アイドル大好き”を公言する宮田俊哉から、互いの“アイドル論”について、ゲーム開始前からエンジン全開の質問攻めが炸裂する。それに対して、朝日の「私からはおこがましくて……」と恐縮しながら語り始めたアイドル論を聞き、出演者は爆笑に包まれる。さらに、同じアイドルでもある百田に対する一方的なリスペクト発言に百田も恐縮した上でツッコミを返すなど、アイドル同士のヨイショ合戦も勃発!? 重ねて、朝日は「(アイドルとして)私はフジテレビを背負っている!」と自身の立ち位置とプライドを熱弁し、大爆笑を勝ち取る。

そんな中、千賀健永が突如として上から目線でカットイン! 同様に玉森裕太も参戦し、4人の共通点が判明する。その共通点トークから千賀と玉森に訪れた“赤っ恥”の理由とは――。

今回のスタジオには、ゲストを含めアイドルが集結したということもあり、ゲームのテーマはズバリ「これぞアイドル!という振る舞い」。キスマイメンバーは、それぞれが引いたカードに書かれたお題を見るなり、一同一斉に「えぇー!」とこれまで以上の大リアクション。

宮田が「(アイドルとして)追いかけられる立場でありながら、追いかけていますからね」と鼻高々のドヤ顔で回答の1番手を買って出る。今回の趣旨の回答者としては“最強”を自負する宮田は、自身のプライベートでも行ったことがあるという美容室にまつわる言動をプレゼンも、ゲストの百田にはイマイチ刺さらず……。

続く千賀のライブ中に行っているという“アイドルあるある”ともいうべき回答に、同級生同士のゲスト朝日・百田ペアも称賛の声をあげる。また、そこに待っていましたとばかりにキメの回答を用意していたのは横尾渉。その発言には、「すばらしい!」「それはまねできない!」とスタジオ一同も感心させられる。藤ヶ谷太輔と二階堂高嗣は、プロ意識の塊ともいえる“アイドル独自の視点”を答え、北山宏光の回答には、ゲストからの賛否が飛び交う!?

また、百田から出た「カメラアングル」への意識に関する質問では、宮田が撮影の際に、空間の使い方までを完全に把握しきった上で、頻度高めに披露しているという“技”を大解説。これには、同じアイドルとして、朝日も強く反応し、経験談をもとにしたライブあるあるを重ねて爆笑をさらっていく。

ゲーム中盤では、アイドルトークにも花が咲き、ももいろクローバーZのリーダー百田より、グループの中でも、もっとも“アイドルの中のアイドル”と評価するメンバー名が明かされる一幕も。キスマイメンバーも同じアイドルとして、その意識の高さに尊敬のまなざしを向ける。

今回の『キスマイ超BUSAIKU!?』は、アイドルとしてだけでなく、自身のプライベートな一面も交えたキスマイメンバーそれぞれの独自回答にも注目だ。

<玉森裕太 コメント>
――収録を終えて

やっぱり全員現場にいる出演者がアイドルだったということで、アイドルならではの“悩み”もそうですけど、“あるある”を話したことが今までなかったので、面白い回でしたね。

――玉森さんは、自分が「アイドル」だと思う瞬間は?

ライブをやっていて、お客さんの感性であったり、顔を見るとテンションが上がったりするのは、やっぱり自分はアイドルなのだなって思いますね。

関連記事(外部サイト)