田中樹演じるマラソン選手、レースの敗北を芳根京子“塔子”のせいに

田中樹演じるマラソン選手、レースの敗北を芳根京子“塔子”のせいに

秀島修平(田中樹/SixTONES)

綾野剛が主演を務める日曜劇場『オールドルーキー』(TBS系、毎週日曜21:00〜)の第3話が7月17日に放送、及び民放公式テレビ配信サービス「TVer」にて無料リアルタイム配信される。

サッカー以外のスキルや経験が何もなくどん底に追い込まれた主人公・新町亮太郎が、一生懸命に新たな目標に向かって生きるヒューマンドラマであると同時に、もう一度娘が誇れる父親になるために37歳の新人が奮闘する家族再生の物語。『HERO』シリーズや『海猿』シリーズで知られる福田靖が脚本を担当する。

前回放送された第2話には、竹財輝之助が“イップス”に悩まされるプロゴルファー・高槻一成役で出演。“イップス”の原因は愛犬の死で、悲しみを乗り越え大会で優勝を果たす姿に、ネット上では「ゴルフのシーンがかっこいい」「笑顔が爽やか」「かわいい」といった声が寄せられた。

<第3話あらすじ>
深沢塔子(芳根京子)が「ビクトリー」社に入社当時からマネージメントを担当している秀島修平(田中樹/SixTONES)は、マラソン界の絶対的エースで、市原国際マラソンでも「日本記録更新での優勝」を宣言するビッグマウスなアスリート。しかし、満を持して臨んだレースでまさかの惨敗。メディアや世間から袋叩きにあう。

秀島はレースで敗北したのを塔子のせいにして、担当を新町亮太郎(綾野)に変えるよう、社長の高柳雅史(反町隆史)にオーダーする。高柳は、新町に無事サポートできたら正社員にすることを約束する。ただ、新町は、娘の明紗(泉谷星奈)から「いつサッカー選手に戻るの」と聞かれて、改めてサッカーへの未練を実感していた。

一方、塔子は担当を変えられたことにショックを受けていた。塔子にとって一番思い入れある選手だったので、なかなか受け入れられない。そんな中、新体制で始めた練習である事件が起こる。そして、その日を境に秀島は音信不通に。前途多難な日本のエース復活プロジェクトを新町は成功させることはできるのか?

関連記事(外部サイト)