タイ発BLドラマ2作品が配信!『Coffee Melody』は世界最速初公開

タイ発BLドラマ2作品が配信!『Coffee Melody』は世界最速初公開

『Coffee Melody』

フジテレビが運営する動画配信サービスFODにて、タイ発のBLドラマ『Coffee Melody』と『Close Friend』の2作が配信されることが決定。『Coffee Melody』は、7月18日(月)22時から、本国より2時間早く世界最速、TVOD(都度課金型動画配信サービス)にて日本独占配信。また『Close Friend』は、7月22日(金)0時より全6話が一挙独占見放題配信される。

ドラマ『Coffee Melody』は、タイ現地でも7月18日(月)よりスタートする新作のBLドラマ。クールな性格でイケメンカフェオーナーのプレンラックと、優しくて可愛い作曲家のドゥアンイーという正反対の二人が織りなす恋愛ストーリー。出演は、『コンテンツアジアアワード 2020』の「ベスト LGBTQテレビ番組」部門にノミネートされるなど大ヒットしたドラマ『2MOONS2』に出演していたナレート・プロームパオパン(パベル)が香り華やぐバリスタのプレンラック役に、そんな彼に一目惚れするドゥアンイー役は、タイBLドラマの制作現場において、実際に起こった出来事を基に制作されたドラマ『Call It What You Want BL〜ドラマの作り方〜』で人気を集めたパヌパン・ウォンジョーン(ベンツ)が務める。

<あらすじ>
作曲家のドゥアンイーは、親友のジャンジャオから、ウインターというバンドの作曲を依頼されるも、スランプに陥って仕事が進まない。ある日、ドゥアンイーはジャンジャオに誘われてカフェに行くと、そのオーナーであるプレンラックに一目ぼれしてしまう。プレンラックはそのイケメンぶりから、ファンクラブができる程の人気者で、ドゥアンイーはプレンラックを振り向かせようとするが、プレンラックのそばにはいつもライバルがいて、なかなか思い通りにならない日々が続き……。

そして、ドラマ『Close Friend』は、友情を超えた新たな「6つの愛のカタチ」を描くオムニバスドラマ。Box Music所属アーティストの6人の曲からインスピレーションを受けた「友達以上のストーリー」が盛り込まれた6つのミニドラマとなる。出演は、ドラマ『Until We Meet Again』『TharnType2-7Years of Love-』『Why R U?』など大人気のタイBLドラマシリーズで既にカップル演技を見せた今最も注目される12人の俳優が新たに6つの愛の形を描く。各エピソードは1話完結型で、約15分〜20分と短いドラマなので気軽に視聴できるほか、それぞれのドラマを彩る主題歌も大きな魅力となっている。

関連記事(外部サイト)