坂口健太郎“小勝負”と杏“白熊”、雲海から圧力をかけられ絶体絶命

坂口健太郎“小勝負”と杏“白熊”、雲海から圧力をかけられ絶体絶命

小勝負勉(坂口健太郎)、白熊楓(杏)

坂口健太郎と杏がW主演を務める月9ドラマ『競争の番人』(フジテレビ系、毎週月曜21:00〜)の第2話が、7月18日に放送、及び民放公式テレビ配信サービス「TVer」にて無料リアルタイム配信される。

原作は新川帆立の同名小説。「公正取引委員会審査局第六審査」通称“ダイロク”を舞台に、天才で理屈っぽい小勝負勉(坂口)と、実直で感情のままに行動する元刑事の白熊楓(杏)ら“ダイロク”の面々が、談合や価格カルテルなど不正を働く企業の隠された事実を、あの手この手であぶり出していく。

先週放送された第1話では、小勝負と白熊は栃木県にあるホテル間でウェディング費用のカルテルが行われているのかを調査する。地元で手広く事業を手がけている「ホテル天沢」専務の天沢雲海(山本耕史)を調べることにするが、白熊の“暴走”により正体がバレてしまうストーリーが展開した。ネット上では、小勝負と白熊の凸凹バディに「ワクワクする」「面白くなりそう」の声が。物語の展開や、公正取引委員会というなじみのない仕事が舞台ということもあって「引き込まれた」「勉強になる」「興味が湧く」??とのコメントがあった。

<第2話あらすじ>
小勝負勉(坂口)や白熊楓(杏)たち“ダイロク”のメンバーは、ホテル天沢のウェディング費用のカルテル問題を追っていた。しかし、専務の天沢雲海(山本)のガードは固く、有力な証拠をつかめずにいた。そんな時、雲海が逆襲に出る。不正行為を行なっているのは近隣で結託した花屋側で、いじめられているのはホテル側だとマスコミに流したのだ。

雲海が圧力をかけたのか、ホテル天沢の納入業者いじめの調査は年末までで終了と通達される。そこへ、六角洸介(加藤清史郎)がホテル天沢のホテル長、長澤俊哉(濱津隆之)が退職したとの情報を持ってきた。早速、小勝負と白熊は長澤の自宅へ。だが、長澤は2人に何も話そうとはしない。

小勝負と別れた白熊は、急なオーダー変更やコンサートチケットの大量購入を強いるなどのいじめに苦しむフラワーショップ石田へ。殺人未遂の容疑者となった石田正樹(武田航平)の代わりに店を守る妻の七瀬(野村麻純)を勇気づけようとする白熊は、違法植物が置いてあることに気づく。白熊はすぐに警察に連絡して、売却分を回収するよう助言するが、七瀬は見逃して欲しいと頼むのだった。

白熊はホテル天沢で小勝負と合流すると、2人の目の前で、ブライダル部門長の碓井健司(赤ペン瀧川)が明らかな花屋へのいじめを行っている。そこに、雲海が現れた。小勝負たちが物陰から見ていると、車に向かう雲海と碓井の前に少女が立ち塞がる。それは、長澤の娘、由香里(新津ちせ)だった。

関連記事(外部サイト)