横山裕がロケ初参戦!高校チア部の熱演に感極まる

横山裕がロケ初参戦!高校チア部の熱演に感極まる

記事画像

7月22日に放送される『ちまたのジョーシキちゃん』(カンテレ、毎週金曜19:00~ ※関西ローカル)では、番組MCの横山裕(関ジャニ∞)がついにロケ初参戦! お笑いコンビのアキナ(山名文和、秋山賢太)とともに、大阪・枚方市にある「東海大学付属大阪仰星高等学校」をレポートする。

同番組は、世代や場所、シチュエーションなどによって異なる常識(ジョーシキ)をあらゆる角度から調査し、独自の目線で紹介していく新感覚バラエティ番組。MCを横山と見取り図(盛山晋太郎、リリー)が務め、蛍原徹、中間淳太(ジャニーズWEST)、くっきー!(野性爆弾)がレギュラー出演する。

今回横山が参加する「ウチの学校のジョーシキ」は、関西にあるさまざまな学校にレポーターが向かい、独自のルールや習慣などを調査する人気ロケ企画。7月1日放送の同コーナーでは、番組のレギュラー出演者で横山の事務所の後輩でもある中間が横山に先駆けてロケに参戦。兵庫県西宮市の女子校「武庫川女子大学附属高等学校」をレポートし、女子高生たちの黄色い歓声に包まれる大歓迎を受けた。そんな前例があるだけに、「淳太が人気すぎてめっちゃプレッシャーや」と生徒たちの反応を心配していた横山。しかし、学校ではたちまち生徒たちに取り囲まれ、向かうところはどこも黒山の人だかりになるなどすさまじい人気ぶりで、「よかったー。ホッとしたわ」と胸をなで下ろしていた。
 
横山らは、全国レベルの活躍で注目されるさまざまな部活の裏側を取材。名門のラグビー部で行っている部員たちの士気を上げる迫力満点の“伝統の儀式”に「怖いやん!」と驚いたり、部専用の炊飯器を食堂に持ち込んで大盛りのご飯をひたすら食べる柔道部の“食トレ”に「そんなに食う?」と目を見張ったり。そのパワーに圧倒されながらも、女子バレーボール部では部員同士が呼び合うニックネーム“コートネーム”の名づけ親になるなど、元気あふれる高校生たちとのふれあいを楽しんだ。

また、コロナ禍で思うように活動ができず、同じ学校の部活の試合を生で応援する機会がなかったチアリーディング部のため、横山らが特別なイベントをセッティングする一幕も。チア部が見せる熱演に心を動かされた横山は、スタジオでも「生でも見たのに、また感動してもうた」と感極まるなど、初の学校ロケに大いに刺激を受けた様子だった。

ロケを終えた横山は「楽しかったですね。僕にとってもすごく良い経験になりましたし、刺激をもらいました。黒板とか木の机の感じとか……学生時代を思い出しましたね」と、満喫した様子。また、部活の強豪校ということで先生が厳しいイメージがあったというが「先生と生徒の距離がすごく近かったですね。生徒の皆さんの笑顔がたくさん見られたし、素敵な学校やなって改めて思いました」とコメント。

最後に「“明日からがんばろう”って思っていただけるVTRになってるんじゃないかなと思います。大人になって、忘れているものもあるかもなって思わされたし、同世代の学生の皆さんは“俺らも負けへんぞ!”という気持ちになると思うし、明日からの活力になるVTRになっていると思うので、ぜひとも見ていただけたらと思います」とアピールした。

なお前回の放送では、Aぇ!group(関西ジャニーズJr.)の草間リチャード敬太と福本大晴が、芦屋マダムの型破りなセレブ生活をレポートした。

関連記事(外部サイト)

  • 記事にコメントを書いてみませんか?