ディーン・フジオカ主演『パンドラの果実』最終話!クローン計画の真の?的が明らかに

ディーン・フジオカ主演『パンドラの果実』最終話!クローン計画の真の?的が明らかに

記事画像

ディーン・フジオカが主演を務めるドラマ『パンドラの果実〜科学犯罪捜査ファイル〜』のSeason2(全6話)が、オンライン動画配信サービスHuluで独占配信中。最終話(第6話)が、7月30日より配信開始となる。

同作は、科学を人類の光と信じ、希望を託し続ける警察官僚・小比類巻祐一(ディーン)×科学の闇に警鐘を鳴らす天才科学者・最上友紀子(岸井ゆきの)×ベテラン刑事・長谷部勉(ユースケ・サンタマリア)が、法整備や警察機構の対応が追い付いていない“最先端科学にまつわる犯罪”を捜査する新時代のサイエンスミステリー。日本テレビ系の4月期ドラマとしてSeason1が放送され、現在Huluでは、スケールをパワーアップしてSeason2が独占配信中。そんな長きにわたって放送&配信されてきた本作がついに完結! 元少年少女犯罪者を利用した「ゲノム編集」、国家の陰謀がらみの「クローン事業」など、一連の事件の背後に存在するライデングループの真の目的が明らかになる。

第5話で、クローン少年のナオキ(國島誠雅)を保護した科学犯罪対策室のメンバーたち。フリージャーナリストの郡山遼(深水元基)から得た情報をもとに、内通者がいるインファ運送を訪れた小比類巻は何者かに拘束され、絶体絶命の危機に見舞われる。一方、ナオキの体に埋め込まれていたマイクロチップの解析を進めていた最上は、ライデングループの罠によりパソコンが乗っ取られ、匿っていたナオキの居場所を知られてしまう。

ナオキは武装集団に拉致され、さらにライデングループの沢田克也(平山浩行)が何者かに電話をかけ“実験”という謎の言葉を発する恐ろしい展開がエンディングで描かれたが、最終話を前に「早く見たいけど、終わってほしくない!」「こんなに面白いのに、終わっちゃう寂しいな……Seasoon3もあるといいなー」「終わらないで〜Season3をやってほしい!」など、早くもロスの声が続出し、Season3を熱望する声も。

最終話では、カール・カーン(安藤政信)の別荘に身を寄せていたクローン少年・ナオキがライデングループに連れ去られ、ナオキを守った最上も大怪我をしてしまう。しかし最上が解析したマイクロチップの情報から、ナオキのオリジナルの名前が判明。ライデングループ日本支部の顧問・椿文治と親しい関係にある大富豪・田部正明だと分かり、科学犯罪対策室のメンバーたちは、その男について調査を進める。

そして田部が入院していた病院を調べていた長谷部から、田部はすでに転院しており、さらにその手続きをしたのが脳神経外科医の鮫島(阿部翔平)だと報告を受けた小比類巻。肺がんを患い、寝たきりの状態だったはずの田部と、脳神経外科医の関係に違和感を持った小比類巻は……。

一方、厚労省の三枝益生(佐藤隆太)は新たな厚労省の仲間たちと沢田を尾行。その頃、沢田は鮫島とコンタクトを取り、ある実験を行おうとするが――。

果たして小比類巻ら科学犯罪対策室のメンバーは、最強の敵「ライデングループ」、そして国家レベルの陰謀を食い止めることができるのか!? クローン計画に隠された本当の目的とは?

<第6話あらすじ>
最上友紀子(岸井)がチップの情報にアクセスした直後、クローン少年・ナオキ(國島)が沢田克也(平山)の手下によって拉致された。最上の解析結果からナオキのオリジナルは椿と親しい大富豪・田部だと判明。田部は肺がんを患い、病院で寝たきりだったが、なぜか脳神経外科医・鮫島(阿部)の手配で5日前に転院していることが明らかに。

疑問を抱いた小比類巻祐一(ディーン)は、ライデングループの真の目的は臓器移植だけではないと直感。一方、ナオキの身柄を確保した沢田は“世にも恐ろしい実験”を開始しする。はたして小比類巻ら科学犯罪対策室は沢田と椿、ライデングループの陰謀を食い止め、ナオキを救うことができるのか!?

関連記事(外部サイト)