坂口健太郎“小勝負”と杏“白熊”、下請けいじめを働くアレス電機を調べることに

坂口健太郎“小勝負”と杏“白熊”、下請けいじめを働くアレス電機を調べることに

記事画像

坂口健太郎と杏がW主演を務める月9ドラマ『競争の番人』(フジテレビ系、毎週月曜21:00〜)の第4話が、8月1日に放送、及び民放公式テレビ配信サービス「TVer」にて無料リアルタイム配信される。

原作は新川帆立の同名小説。「公正取引委員会審査局第六審査」通称“ダイロク”を舞台に、天才で理屈っぽい小勝負勉(坂口)と、実直で感情のままに行動する元刑事の白熊楓(杏)ら“ダイロク”の面々が、談合や価格カルテルなど不正を働く企業の隠された事実を、あの手この手であぶり出していく。

先週放送された第3話では、倉庫に閉じ込められた白熊がキックで壁を破壊したり、「ホテル天沢」の専務・天沢雲海(山本耕史)を投げ倒したりと大暴れ。ネット上では、強すぎる白熊に「かっこいい」「スカッとした」「惚れる」??とのコメントがあった。

<第4話あらすじ>
小勝負勉(坂口)、白熊楓(杏)たち“ダイロク”は新たに世界的な電機メーカー・アレス電機の優越的地位の濫用を調べることに。自社の地位を利用した部品単価の一方的な減額や支払期限の延長を強制する、いわゆる下請けいじめだ。第六審査長の本庄聡子(寺島しのぶ)が説明していると、アレス電機の役員を見ていた白熊が知った顔の男がいることに気づく。それは白熊が強盗殺人事件の捜査中に現場で取り逃がした柴野竜平(岡田義徳)だった。しかし、警察は事件の捜査を中止していた。

白熊は今度こそ柴野を捕まえることが出来るかもと意気込むが、公取委の身なので捜査は出来ない。本庄は、柴野は下請けいじめの中心人物と目されているが、重大事件に関わっている可能性があるなら公取委としては調査が出来ないと言う。こうして、柴野の案件は公取委から離れ、検察官の緑川瑛子(大西礼芳)が白熊の持っていた情報とともに柴野のことを警察に伝える。しかし、警察は動かず、独自に動いた検察も上層部に止められた。警察や検察の捜査がなくなったことを受け、本庄はアレス電機の優越的地位の濫用についての調査開始を告げる。

小勝負と白熊はアレス電機の下請け会社へ向かう。他のメンバーもそれぞれに話を聞きに行くが、どの会社も不満は感じているようだが返答は待ってほしいと言うだけ。ただ、小勝負は丸川製作所の丸川俊春社長(吉沢悠)だけが困ったことはないと断言したことに違和感を覚える。

関連記事(外部サイト)