慎平、宮司・雁切に70年前の写真を見せ…『サマータイムレンダ』第18話

慎平、宮司・雁切に70年前の写真を見せ…『サマータイムレンダ』第18話

記事画像

TVアニメ『サマータイムレンダ』(カンテレ、毎週木曜26:55〜ほかTOKYO MX、BS11)の第18話が8月11日に放送される。

同アニメの原作は、「少年ジャンプ+」で連載され、累計閲覧数1億3000万回を記録する「サマータイムレンダ」(原作:田中靖規 / 集英社ジャンプコミックス刊)。主人公の網代慎平(CV:花江夏樹)が、幼馴染・小舟潮(CV:永瀬アンナ)の訃報を聞き、2年ぶりに故郷である和歌山市・日都ヶ島に帰省するところから始まるSFサスペンス。その島には、「自分にそっくりな“影”を見た者は死ぬ。影に殺されるー!」という不吉な噂があり……。

前回の第17話の放送後、SNS上では、シャワー中の南方ひづる(CV:日笠陽子)に、潮が“ある疑問”をぶつけるシーンに「サービス?」「潮ちゃん、笑った」と注目が。また、老年の猟師・根津銀次郎(CV:浦山迅)の抱える事情についても「泣ける」「印象的なシーン」「胸が痛い」といったコメントがあがっていた。TVerでの第17話配信は、8月11日(木)23:59まで。

<第18話「対面」あらすじ>
日都神社を訪ねた網代慎平は、宮司の雁切真砂人(CV:小西克幸)を訪ねる。

慎平が雁切に見せた70年前の写真には、今と変わらない雁切の姿がいた。彼こそが菱形医院の初代院長・菱形紙垂彦=「シデ」であると問い詰める慎平。

やがて亡くなった両親の仇でもあることを知った慎平はシデを倒そうとするが、「影」ではなく人間である紙垂彦の殺害に躊躇ううちに、雁切の姿にある違和感をおぼえる。

関連記事(外部サイト)