永野芽郁、鈴木亮平&坂口健太郎に学んだ役者としての姿勢を語る

永野芽郁、鈴木亮平&坂口健太郎に学んだ役者としての姿勢を語る

記事画像

8月21日に放送、及び民放公式テレビ配信サービス「TVer」にて無料リアルタイム配信される『日曜日の初耳学』(MBS・TBS系、毎週日曜22:00~)の人気企画「インタビュアー林修」に、永野芽郁が出演する。

同番組は、いま知っておくべき話題のトレンドを物知りな林先生とやさしく掘り下げ、日曜の夜をちょっとだけ元気にするバラエティ。大政絢もMCとして出演し、この日は田彩瑛、澤部佑(ハライチ)、島崎和歌子、田村淳、千原ジュニア、中島健人(Sexy Zone)、ねお、矢田亜希子、矢吹奈子も出演する。

街でスカウトされたのがきっかけで芸能界入りした永野。子供の頃から“テレビっ子”でバラエティに出てみたいと思っていたと語るも、進んだ“俳優”の道は思っていたのとちょっと違っていたそう。そんな永野がデビューからこれまでを振り返り、出演作品や共演者とのエピソードを披露するとともに、どんな風に仕事と向き合って来たのか、芝居が好きになったきっかけや、オーディションに対する意外な想いなど、知られざる心の内を語る。

16歳で初のヒロイン役を射止めた映画『俺物語!!』では、ひと月親元を離れ地方ロケに参加したという。そこで共演者の鈴木亮平、坂口健太郎から学んだ役者としての姿勢とは。また17歳の時に主演を務めた永野の代表作の一つ、NHK朝の連続テレビ小説『半分、青い。』の話題では、驚きの連続だったという10か月以上にわたる撮影を回顧。ヒロイン決定を“サプライズ”で伝えられたというエピソードや、「最初は脚本が果たし状に見えて怖かった」と当時の心境を明かす。難しい役作りなど苦労の多かった撮影に、初めて母に弱音を吐いたという永野。そんな彼女を救った母の言葉とは。

そして、2021年公開の映画『そして、バトンは渡された』で「第45回日本アカデミー賞」優秀主演女優賞を受賞するなど、俳優として成長し続ける永野の原動力はいったい?

現在放送中のドラマ『ユニコーンに乗って』の役作りの話では、永野流“泣く”演技の秘策も!? また、これまでの役のイメージから一転、永野にとって新たな挑戦となった9月公開の最新作『マイ・ブロークン・マリコ』の制作秘話もたっぷり。

一方、母とのサーフィンや、ドラム、バイクなど、私生活は超アクティブな永野。プライベートでも大の仲良しという俳優・奈緒が語る“ハンサム”な素顔も明らかに。

なお前回の放送には二宮和也が出演し、ジャニーズの後輩たちに対する思いを語った。

関連記事(外部サイト)

  • 記事にコメントを書いてみませんか?