超特急「クランクアップまで走っていきたい」主演ドラマ『超特急、地球を救え。』

超特急「クランクアップまで走っていきたい」主演ドラマ『超特急、地球を救え。』

記事画像

9月6日から、超特急(カイ、リョウガ、タクヤ、ユーキ、タカシ、シューヤ、マサヒロ、アロハ、ハル)が主演を務めるモキュメンタリードラマ『超特急、地球を救え。』(テレビ東京系、毎週火曜24:30~)が放送スタート。

本作は、2022年に結成10周年を迎え、8月8日には新たな4人のメンバーが加わり、総勢9人になったメインダンサー&バックボーカルグループ超特急のメンバーたちが本音で話し合い、一つになっていく4日間を軸に描いたモキュメンタリーSFドラマ。

2011年に結成、2012年にCDデビューし、発売したアルバム&シングルはすべてオリコンウィークリーランキング連続TOP10入りするなど、話題沸騰中の超特急。他にも、同局で現在放送中の『みなと商事コインランドリー』で主演を務めている草川拓弥のように俳優業や、ファッション誌などとのコラボレーション、ゲーム実況やライブ演出など個々の得意分野を活かし、さまざまなジャンルでの活躍の場を広げている。

本作の脚本を手がけるのは、ドラマ『真夜中にハロー!』(テレビ東京)などドラマ、映画、舞台等で幅広く活躍するヨーロッパ企画の大歳倫弘。超特急の「新体制初日」という記念すべき日に、得意とするSF要素を盛り込み、「新体制」という壁と「地球の存続」という危機を超特急がどのように乗り越えるかをモキュメンタリーとして描いていく。

現メンバー5人がゲストと本音で語り合うことで今までの「超特急」や自分自身を振り返り、新メンバー4人とともに新しい「超特急」へと成長していく4日間は本当に起きた話なのか、ドラマのストーリーなのか……。地上波連続ドラマ初主演の彼らに注目が集まる。

<超特急 コメント>
新体制の9人となり1か月も経たずに主演ドラマ! 感激です!! メンバー内でドラマ撮影経験の差が凄くありますが、優しく楽しい現場の雰囲気に助けられながら素敵な作品を鋭意製作中です! 豪華すぎるゲストの方々を、撮影中に8号車(超特急ファン)にさせるのを裏目標にしながら、クランクアップまで走っていきたいと思います。地球はどうなってしまうのか……。9人の、僕たち超特急の未来は果たして……ッ 是非お楽しみに☆

<第1話あらすじ>
2022年8月8日、新体制となった超特急の活動がスタートする。カイ、リョウガ、タクヤ、ユーキ、タカシは慣れた様子で撮影を進めていると、新メンバーのシューヤ、マサヒロ、アロハ、ハルは元気いっぱいに全力で取り組んでいる。

そんな新メンバーの様子を見て、感情の機微が生まれる現メンバーの5人。自信がなくなると言い出すメンバーもいる中、不思議な音が聞こえた瞬間、謎の少女がいる不思議な家に飛ばされてしまう。未来からやってきたという少女から、5人の機微を解消するために必要なゲストを呼んだと言われ……。

関連記事(外部サイト)

  • 記事にコメントを書いてみませんか?