中居正広、人間の本性があらわになる買い物に「タレントが出にくいんじゃないかな(笑)」

中居正広、人間の本性があらわになる買い物に「タレントが出にくいんじゃないかな(笑)」

中居正広、桂由美

フジテレビの新たなチャレンジ番組枠『水曜NEXT!』では、8月24日(水)と8月31日の24時25分から中居正広と桂由美がMCを務める『悪魔のサイフ』(※関東ローカル)が放送される。

この番組は、芸能人4人に毎秒10円減る“悪魔のサイフ”の中から自由に買い物をしてもらうことで、人間の本性をあぶり出していく人間解剖型バラエティ。共同のサイフとして渡された金額はなんと50万円。時間とともにお金が減っていく中でいかに自分がほしいものを即断即決できるかが求められる。奪い合うもよし、譲り合うもよし、とにかく自由なショッピングのはずが、ぶつかる主張やむきだしになる欲望のせいで買い物は難航してしまう。悩めば悩むほど、もめればもめるほど損をする地獄から4人は果たして脱出できるのか!?

挑戦するのは春日俊彰(オードリー)、坂井良多(鬼越トマホーク)、高橋真麻、徳光正行といったお金にこだわりのある4人。そんなメンバーが最初に降り立ったのは中目黒のドン・キホーテ。毎秒ごとに減っていくサイフの金額にうろたえつつも、みな散り散りになり自分のほしいものを探し求める。その後も新婚の坂井は妻のために銀座のyogibo専門店に行きたいと主張。一方、筋トレマニアの春日と徳光は原宿のGOLD’S GYMでトレーニンググッズを買いたいと譲らない。さらに、真麻は2歳になる娘のために代官山のベビーカーショップへ行こうとし現場はカオスな状態に。最も欲望を満たせるのは誰なのか?

スタジオでは、中居が「時間がもったいないんだよ!」とやきもきしながらVTRを見守る。そんなMC2人のトークは、桂が飼っている犬の話題へ。毛色が白いため毎週6000円のシャンプーに連れていっているという桂に対し、中居は「僕と一緒だ」と笑いを誘う場面も。

<中居正広 コメント>
――番組を終えていかがでしたか?

(挑戦者として)タレントが出にくいんじゃないかな(笑)。人間の本質的なところを垣間見ることができて、自分だったらどうするんだろうなと思いながら見てました。僕もいい人を装えるんだけども、どっかでやっぱり出ちゃうんだろうなと。いい人を装う訓練がされてる僕でも出ちゃうなと思っちゃいましたね。

――印象に残っている場面は?

しっかり育ちが出ていたところ。どっちがいいとか悪いとかじゃないですけど。(挑戦した4人のように)ここまでしないと生き残っていけないんだろうけども、こうじゃないといけないなら俺は死んでもいいと思ったね(笑)。お金持ちとお金持ちじゃなく育った人の明暗が分かれるなと感じました。

――桂由美さんとの共演はいかがでしたか?

よかったですね。あんまりお仕事したことなかったので怖い人なのかなってイメージがあったけど、すごくチャーミングでしゃべりやすかったです。僕は桂さん本当によかったです。

――次回に向けての意気込みは?

これたぶん二度とやらないので。中居調べですけど(笑)。スタッフはもう一回と思ってるかもしれないけど、僕の中では二度とないと思うのでみなさん見てください。見た方がいいでしょ。だってやらないんだから。

関連記事(外部サイト)

  • 記事にコメントを書いてみませんか?