越前リョーマ、手塚国光の言葉に迷い…『新テニスの王子様』第9話

越前リョーマ、手塚国光の言葉に迷い…『新テニスの王子様』第9話

記事画像

TVアニメ『新テニスの王子様 U-17 WORLD CUP (アンダーセブンティーンワールドカップ)』(テレビ東京ほか、毎週水曜24:00~)の第9話が、8月31日に放送される。

許斐 剛(このみ たけし)による同名漫画を原作(集英社 ジャンプ コミックス刊「ジャンプ SQ.」連載)とし、2001年よりアニメ放送を開始した『テニスの王子様』。2012年には続編『新テニスの王子様』もアニメ化されたほか、映画やミュージカル(通称:テニミュ)などへと展開する人気作品だ。

TVアニメシリーズ放送開始から20周年という節目にスタートする『新テニスの王子様 U-17 WORLD CUP』では、『新テニスの王子様 OVA vs Genius10』のその後が描かれる。

U-17(アンダーセブンティーン)日本代表合宿に参加した主人公・越前リョーマ(CV:皆川純子)だったが、合宿の規範を破ったとされ退去を命じられてしまう。合宿所を後にしたリョーマは兄である越前リョーガ(CV:宮野真守)の誘いでアメリカ代表として、「U-17 WORLD CUP」に参戦することを決める。プロとなるためドイツに渡った手塚国光(CV:置鮎龍太郎)と、アメリカ代表となったリョーマが日本代表の敵となる中、「U-17 WORLD CUP」が開幕する───。

なお、現在民放公式テレビ配信サービス「TVer」では、第1話と第8話(※)が見逃し配信中だ。※第8話は9月2日(金)23時59分に終了予定

<第9話「仲間への想い」あらすじ>
スイス戦での亜久津仁(CV:佐々木望)の試合を見た越前リョーマに手塚国光が投げかけた言葉――「おまえは今、誰を倒したい?」それは、リョーマの中に大きな迷いを生むことになる。

決勝トーナメントを翌日に控え、アメリカ代表キャプテンのラルフ・ラインハート(CV:高橋広樹)は、リョーマをコートに入れ、次々にアメリカ代表選手と試合をさせる――。ラルフはリョーマの中にある「迷い」に気が付いていた。

コートに入ったラルフから容赦ない打球が繰り出される。

「リョーマ……君のいるべき場所は、ここではないようだ」

その言葉に、リョーマの中にある迷いが晴れてゆく――。

関連記事(外部サイト)

  • 記事にコメントを書いてみませんか?