与田祐希“璃子”ら、コンペを勝ち取るために準備を進めるがピンチ!?

与田祐希“璃子”ら、コンペを勝ち取るために準備を進めるがピンチ!?

記事画像

乃木坂46・与田祐希が主演を務める木ドラ24『量産型リコ -プラモ女子の人生組み立て記-』(テレビ東京系、毎週木曜24:30~)の最終話が、9月1日に放送される。

本作は、巷にいるごく普通の女子である主人公・小向璃子(与田)が仕事にプライベートに自問自答しながら、「プラモデル」というホビーとの出会いを通じて大人へと組み立っていく成長記。与田のほかに、藤井夏恋、望月歩、中島歩、前田旺志郎、石川恵里加、与座よしあき、森下能幸、マギー、田中要次といった個性豊かなキャストが出演する。

前回の第9話で、先輩の大石亮太(中島)が会社を辞めるという話を聞きショックを受けた璃子は……。

<第8話あらすじ>
イベント3部存続のために浅井祐樹(前田)が調べてくれたシンガポールの大型イベントのコンペを勝ち取るため、3部はチーム一丸となってテキパキと仕事をしていた。

企画も決まりプレゼンの準備を着々と進める小向璃子(与田)たちだったが、まだ社内審査が通っていないことを知り驚愕する。

しかし、社長の同期である雉村仁(森下)のおかげでコンペに参加できることになり安堵する璃子たちは、仕上げ作業を行う。

そして、コンペ当日を迎えた璃子たち、いざプレゼンへ!

関連記事(外部サイト)

  • 記事にコメントを書いてみませんか?