渡邊圭祐“龍也”、曲者揃いのチームで…『チェイサーゲーム』スタート

渡邊圭祐“龍也”、曲者揃いのチームで…『チェイサーゲーム』スタート

記事画像

渡邊圭祐が主演を務める木ドラ24『チェイサーゲーム』(テレビ東京系、毎週木曜24:30~)が、9月8日から放送スタート。

同ドラマは、「NARUTO ーナルトー ナルティメット」シリーズや「鬼滅の刃 ヒノカミ血風譚」など数々の人気作の開発を手掛けたゲーム会社・サイバーコネクトツーが制作し、クリエイティブ業界を中心に波紋を呼んだ漫画「チェイサーゲーム」が原作。ゲーム開発会社「ダイナミックドリーム」で働く主人公・新堂龍也(渡邊)は、入社9年目にして中間管理職のプレイングマネージャーへの昇進を果たす。しかし、やる気に満ち溢れる龍也を待ち受けていたのはひと癖もふた癖もあるメンバーばかりで……。

<第1話あらすじ>
ゲームソフト開発会社「DD社」で働く新堂龍也(渡邊)は、入社9年目にしてようやく管理職“シニア”に昇進。曲者揃いだというチームを引き継いだ龍也は、チームの仕事状況を確認すると上田和範(浜野謙太)の進みが遅いことに気が付く。

データを確認すると、実際は報告よりも進んでいない状況で……。徹夜で仕事をして追いつくため、夜に再度集まるはずだったが上田は現れなかった。

さらにエースの魚川貴央(東啓介)は怪しい密談をしていて……。

関連記事(外部サイト)

  • 記事にコメントを書いてみませんか?