渡邊圭祐“龍也”、エースと意見が対立!?景井ひな“みちる”に納期を延長してと言われ…

渡邊圭祐“龍也”、エースと意見が対立!?景井ひな“みちる”に納期を延長してと言われ…

記事画像

渡邊圭祐が主演を務める木ドラ24『チェイサーゲーム』(テレビ東京系、毎週木曜24:30~)の第2話が、9月15日に放送される。

同ドラマは、「NARUTO ーナルトー ナルティメット」シリーズや「鬼滅の刃 ヒノカミ血風譚」など数々の人気作の開発を手掛けたゲーム会社・サイバーコネクトツーが制作し、クリエイティブ業界を中心に波紋を呼んだ漫画「チェイサーゲーム」が原作。ゲーム開発会社「ダイナミックドリーム」で働く主人公・新堂龍也(渡邊)は、入社9年目にして中間管理職のプレイングマネージャーへの昇進を果たす。しかし、やる気に満ち溢れる龍也を待ち受けていたのはひと癖もふた癖もあるメンバーばかりで……。

前回の第1話で、曲者揃いのチームを任された龍也は、さっそく管理職の苦労を味わうはめに。その姿に、SNS上では「身につまされる」「胃が痛かった」「龍也から笑顔が消えていくのがつらい」といった声が上がっていた。

<第2話あらすじ>
管理職“シニア”の新堂龍也(渡邊)は、久井田みちる(景井ひな)に「期日を1日延ばしてほしい」と相談される。

するとエースの魚川貴央(東啓介)は「自分なら2時間もかからないから自分がやる」と言う。板挟みにあう龍也。優先すべきは目先のクオリティか、社員の成長か……龍也の出した答えは?

さらにインターン生の面接をすると、ゲーム熱の薄い学生が多いことに愕然とする龍也。そんな中、トランスジェンダーの学生が面接に現れると、彼は自分の夢を語りだす。

関連記事(外部サイト)

  • 記事にコメントを書いてみませんか?