上野樹里“朝顔”の決断とは?『監察医 朝顔』新作SP

上野樹里“朝顔”の決断とは?『監察医 朝顔』新作SP

記事画像

上野樹里が主演を務めるドラマ『監察医 朝顔2022スペシャル』(フジテレビ系)が、9月26日(月)21時より放送、及び民放公式テレビ配信サービス「TVer」にて無料リアルタイム配信される。

法医学者×刑事、異色の父娘を描く『監察医 朝顔』は同名マンガを原作に、主人公の法医学者・万木朝顔(まき・あさがお/上野)が解剖で遺体の謎を解き明かし、見つけ出した“生きた証”で生きる人々の心まで救っていくさまを描きながら、東日本大震災で被災した母・万木里子(まき・さとこ/石田ひかり)を失った悲しみを抱え、父・万木平(まき・たいら/時任三郎)、夫で刑事の桑原真也(くわはら・しんや/風間俊介)、長女のつぐみ(加藤柚凪)ら家族とともに、少しずつ乗り越えていく姿を描く、心温まるヒューマンドラマ。2019年7月期に第1シーズン、2020年10月期・2021年1月期と2クール連続で第2シーズンを“月9枠”で放送した同作が、今回“オール新作”のスペシャルドラマとして復活する。

<あらすじ>
東日本大震災以降、万木里子(石田)の遺体と“生きた証”を探し続けた万木朝顔(上野)と万木平(時任)は、里子の遺体の一部と対面を果たした。終わりのない悲しみを互いに癒やしながら、次女・里美(中村千歳)が誕生し、一層にぎやかな日常を過ごす朝顔一家。しかし、2人の育児や認知症が進行した平の様子に朝顔の心は落ち着かない。

一方、桑原真也(風間)が異動先の神奈川県警から野毛山警察署へ戻ってくることに。歓迎ムード一色かと思いきや、昇任試験を経て警部となった真也が山倉伸彦(戸次重幸)の上司となり、強行犯チームでは気まずい雰囲気が漂っていた。

そんな折、朝顔たちのもとへ、同時にひき逃げされたとみられる男女の遺体の解剖依頼がくる。朝顔たちが事故現場に到着すると、高齢男性は所持品から身元がすぐに判明していたが、中年女性は靴すら見つからない状況。なぜ、同じ場所で同じタイミングで、2人は亡くなったのか?「教えて下さい、お願いします」、朝顔が“生きた証”を探していく。この出会いが、朝顔の人生に大きな影響を与えることに。

そして物語のラスト、朝顔は平、真也、つぐみ(加藤)、里美と陸前高田市へ。楽しい旅行のひとときを過ごしながら、朝顔はひとつの決断をする。

関連記事(外部サイト)

  • 記事にコメントを書いてみませんか?