松重豊、ナイスな佇まいの「大衆食堂」を見つけガッツポーズ

松重豊、ナイスな佇まいの「大衆食堂」を見つけガッツポーズ

記事画像

松重豊が主演を務める人気グルメドキュメンタリードラマ『孤独のグルメ Season10』(テレビ東京系、毎週金曜24:12~)の第6話が、11月11日に放送される。

本作は、久住昌之と谷口ジローによる同名コミックが原作。輸入雑貨商を営む主人公・井之頭五郎(松重)が営業先で見つけた食事処にふらりと立ち寄り、食べたいと思ったものを自由に食す、至福の時間を描いたグルメドキュメンタリードラマ。

前回、五郎は仕事で千葉県柏市へ。商談を終えた五郎は、田んぼ道を抜け駐車場へ。そこには去年の暮れ、京都から東京の長旅を共に過ごした“小さな相棒”(車)の姿が。腹が減った五郎はエンジンをかけお店探しへ……。

<第6話あらすじ>
岐阜県「下呂市」。いつもの鞄と東京土産を片手に高山線上呂駅の趣きある駅舎の前に立つ五郎(松重)。中学校の校長を務める同級生の佐野(松下由樹)に頼まれて、講義の依頼を引き受ける。佐野とは同窓会以来、実に25年ぶりの再会で思い出話に花が咲く。

緊張の中、無事講義が終わり、ホッと一息ついた途端、急に腹が減りいつもの如く店探しへ。だが電車が全然無く、隣町の下呂の温泉街へ行けず、近くでお店を探すことに。

すると国道沿いに無茶苦茶ナイスな佇まいの「大衆食堂」を見つけ、五郎は思わずガッツポーズ。お店の看板に期待が膨らみ、さっそく店内へ。名物メニューが立ち並ぶ中、常連客の様子を見つつもお店初心者の五郎は、豚か鳥かお店自慢の肉料理と向き合うことに。

岐阜に来て、飯を食って、自分が日本人であることを美味しく懐かしく思い出した五郎が堪能したどんな料理とも似て非なる唯一無二の名物料理とは……。

関連記事(外部サイト)

  • 記事にコメントを書いてみませんか?