奈緒“和佳”、浜を守るために選んだ結末とは…?

奈緒“和佳”、浜を守るために選んだ結末とは…?

記事画像

奈緒が主演を務める『ファーストペンギン!』(日本テレビ系、毎週水曜22:00~)の最終話(第10話)が、12月7日に放送、及び民放公式テレビ配信サービス「TVer」にて無料リアルタイム配信される。

同ドラマは、「ファーストペンギン」のように、縁もゆかりもない“漁業の世界”に飛び込んだシングルマザーと、彼女と共に改革の荒波に漕ぎだした漁師たちの“奇跡の実話”をモデルに、ヒットメーカー・森下佳子のオリジナル脚本で紡ぐ“爽快!リアル・サクセスストーリー”。現在TVerでは、前半&後半ダイジェストが配信中。

前回第9話で、永沢一希(鈴木伸之)がさんし船団丸に戻ってくる。彼女・白峰アイナ(足立梨花)が、遠距離時代に浮気をしていたらしく、お腹の子供は永沢の子供ではなかったという。SNS上では、まさかの恋の結末に「不憫すぎる」「災難だったね……」とのコメントがあがっていた。

そして、今回の最終話では、岩崎和佳(奈緒)が、浜全体を外国資本に売り渡してしまったと片岡洋(堤真一)に報告する。この話をなかったことにするには、浜の全船団が、波佐間成志(小西遼生)の仲介で締結した神饌オーガニクスとの契約を破棄しなければならないのだという。

そこで片岡は、磯田高志(吹越満)と山中篤(梶原善)らを率いて船を出し、他の船団の面々も契約を白紙に戻すよう、説得のために動き出す。さらに和佳は、これまでさんしと敵対関係にあった漁協の組合長・杉浦久光(梅沢富美男)に“ある協力”を依頼する。

一方、汐ヶ崎に現れた波佐間は、浜尻公平(高杉亘)たちを丸め込み、さんし以外の船団で“浜の一企業化”を進めようと画策。絶体絶命の危機に追いやられた和佳が、最後に下した決断とは……!?

関連記事(外部サイト)

  • 記事にコメントを書いてみませんか?