今田美桜“吾妻”がずっと心に傷を抱え続けている過去とは?

今田美桜“吾妻”がずっと心に傷を抱え続けている過去とは?

記事画像

福山雅治が主演を務める日曜劇場『ラストマン-全盲の捜査官-』(TBS系、毎週日曜21:00~)の第4話が5月14日に放送、及び民放公式テレビ配信サービス「TVer」で無料リアルタイム配信される。

アメリカから期間限定で交換留学⽣として来⽇したFBI(アメリカ連邦捜査局)特別捜査官・皆実広見(福山)と皆実のアテンドを命じられた警察庁⼈材交流企画室の室⻑・護道⼼太朗(大泉洋)が凸凹バディを組んで難事件に挑んでいく、新時代の痛快なバディドラマ。福山と大泉のほかに今田美桜、永瀬廉(King & Prince)、吉田羊、上川隆也、寺尾聰らが出演する。なお現在TVerでは、第1話~第3話のほかにダイジェスト動画なども配信中。

先週放送された第3話では、お騒がせ俳優の本条海斗(藤本涼)が他殺体で発見され、皆実と心太朗は遺体の第一発見者である大物俳優・羽鳥潤(石黒賢)、羽鳥とドラマで共演する女優・篠塚真菜(山下リオ)、プロデューサー・風間みどり(福田麻貴)を調べる。そんな中、羽鳥の妻・千晴(映美くらら)にも聞き取り調査を行った皆実は、あることを確信し……。真犯人の正体と、ある人物の告白に、ネット上では「めっちゃ面白い展開!」「まさかの衝撃事実」「意外すぎる結末にびっくり」などのコメントが寄せられた。

<第4話あらすじ>
ジョギング中の皆実広見(福山)と吾妻ゆうき(今田)は突然倒れ込んだ男性と遭遇。その後、病院で死亡が確認される。外傷はなく事故死と見られていたが、皆実は違和感を覚え病理検査を依頼すると、死因が毒物によるものだと判明。さらに遺体の手には謎の紋章が刻印されていた。

護道心太朗(大泉)の調べで同様の犠牲者が3人いることがわかり、全員に共通していたのが国家の要人だということだった。公安、捜査二課とも連携した大掛かりな捜査が始まる。

一方、皆実たちは、被害者の妻に話を聞きにいくことに。そんな中、護道泉(永瀬)が、吾妻を事件から外すように皆実にお願いしてくる。その理由は、吾妻がずっと心に傷を抱え続けている過去のある事件によるもので……。

関連記事(外部サイト)

  • 記事にコメントを書いてみませんか?