菊池風磨、渡辺翔太にプチドッキリ「好感度を下げようと思ったけど…」

菊池風磨、渡辺翔太にプチドッキリ「好感度を下げようと思ったけど…」

渡辺翔太、菊池風磨

7月11日スタートのドラマ『ウソ婚』(カンテレ・フジテレビ系、毎週火曜23:00~)の制作発表記者会見が7月4日に行われ、主演の菊池風磨(Sexy Zone)をはじめ、長濱ねる、渡辺翔太(Snow Man)、トリンドル玲奈、黒羽麻璃央が登壇した。

超モテ敏腕建築士の主人公・夏目匠(菊池)が、初恋相手の幼なじみ・千堂八重(長濱)に“ウソの結婚相手”というアルバイトを依頼したことで動き出す、ウソから始まるラブコメデイ。

MCから「容姿端麗で~……」と役柄を紹介された菊池は、「みなさんに覚えて帰っていただきたいのは、容姿端麗というところです!」と序盤から絶好調。かたや、渡辺には“緊張しちゃうから”との理由でカンペが用意されており、紙を読むという異例のスタイルで挨拶。無事に読み終え拍手が上がると、「カンペを読んで拍手もらえた」と照れ笑いを浮かべた。

ヒロイン役の長濱の印象について、菊池は「ぶっ飛んでるっていう表現はアレなんですけど、ふわふわ浮いてる人」と紹介。「なんでも答えちゃうんだよね? 答えなくていいのに」という菊池に、「仲良くなりたいので、聞かれたことはすべて真摯にお話してます」と長濱。ところが、「『帰ったら何してるの?』って聞いたら、『まず裸になります』って」とぶっちゃける菊池に、長濱は「ちょっと、大丈夫ですか!?」と大慌て。ちなみに、その理由は「キレイ好きだから」だといい、菊池は「最初に言われたときはびっくりしちゃった」と振り返った。

ドラマでは菊池、長濱、黒羽の3人による高校生のころの回想シーンも。黒羽は「(髭を)深剃りして臨んでましたね。血が出るんじゃないかなっていうくらい」と語り、菊池も「わかる」と共感。長濱が「でも、黒羽さんが一番……(高校生に見えた)」と言いかけると、菊池は「一番とか言わないで。3人しかいないから」と嘆いていた。

さらに、「最近ついたウソは?」との質問に、菊池は「今、渡辺翔太の私物の時計を付けて出ようと思ったらバレました」と悔しそうに報告。渡辺が「ふだん(菊池の役柄が)社長だから衣装で時計を付けてるけど、パッて見たら僕の私物の時計をしていて」と語ると、「高級時計ですか?」と小声で聞く菊池。「ダメダメダメ。好感度とかありますから」と答える渡辺に、「好感度を下げようと思ったけどダメでした」と落ち込む素振りを見せるも、報道陣に「あとでインサート(渡辺の腕時計の映像)を撮って」と呼びかけ笑いを誘った。

一方渡辺は、本作の台詞を覚えたいと思っていた夜に、先輩から誘われたというエピソードを披露。「先輩に対して『今から台詞覚えたいんで』とか言ったら、イキってるじゃないですか」といい、「家にいるのに『地方でロケしてます』って」とウソをついたと打ち明ける。すでに楽しそうな菊池が「言うなって~。これ、カットしてくださいね。ちなみに誰?」と問いかけると、渡辺は千賀健永(Kis-My-Ft2)の名前を挙げ、「千賀くんならいいかぁ~。オイシイと思ってくれるタイプの先輩だから」と2人で笑い合っていた。

また黒羽は、「黒羽麻璃央って本名ですか?』と聞かれることに飽きたそうで、とあるスタッフに「本当は黒羽たけしって言います」と答えたところで出番になってしまい、ウソを釈明できないまま今日に至るそう。トリンドルが「芸名みたい」と絶賛するも、「“黒羽”のあとに“麻璃央”って付けます? 親の勇気すごいなって思いました。ちょっと恥ずかしいですもん、病院とか」と本音を吐露。それを聞いた渡辺が「みんなに見られてもビジュがちゃんと追いついてるから、ドヤッててほしい」とお願いすると、菊池から「あんま芸能人がビジュとか言わないで」とツッコまれていた。

最後に、“初恋エピソード”を聞かれた菊池が「ファンのみんなかな」とポーズを決めると、ポツポツと聞こえる笑い声に「失笑してますけど」とほほえむ長濱。あらためて「幼稚園かな」と切り出した菊池は、自身が3月生まれのため、世話焼きの女の子が好きだったと述懐。「チャックが締められないから、トイレから出てきたらパンツだけはいてるみたいな」と当時を振り返り、「その頃から、その子は母性が出ていたし、僕はセクシーゾーンを出してたし、みたいな」ときっちりオチを付けていた。

関連記事(外部サイト)

  • 記事にコメントを書いてみませんか?