宮野真守、西垣匠と『転職の魔王様』第6話に出演!“転職の王子様”の異名を持つトップセールスマン役

宮野真守、西垣匠と『転職の魔王様』第6話に出演!“転職の王子様”の異名を持つトップセールスマン役

記事画像

宮野真守と西垣匠が、8月21日に放送、および民放公式テレビ配信サービス「TVer」で無料配信される『転職の魔王様』(カンテレ・フジテレビ系、毎週月曜22:00~)の第6話に出演する。

本作は、“転職の魔王様”の異名を持つ、毒舌敏腕キャリアアドバイザー・来栖嵐(成田凌)が、求職者の仕事や生き方への悩みを辛辣な言葉で一刀両断しながらも、働く自信と希望を取り戻させる、心ゆさぶる“転職”爽快エンターテインメント。

第6話で宮野は、“転職王子”の異名を持ち、7回目の転職に挑むメンタル最強のトップセールスマン・八王子道正を、西垣は、宮野演じる八王子の後輩で、なかなか契約が取れない不動産会社の若手営業マン・小池を演じる。

不動産会社でマンション販売を担当する39歳の八王子は、売上トップで表彰されるトップセールスマン。不動産営業は天職だが、一つの会社に留まることが性に合わず、6回も転職を繰り返しており、“転職王子”と呼ばれていた。7回目の転職活動でさえ、超意欲的な八王子は「今回の転職も楽しみです」と、転職を生きがいにしているような男だった。しかし、八王子が転職を繰り返しているのには、ある理由があるようで……。一方、八王子とともに働く24歳の小池は、契約どころか、なかなか顧客とのアポもとれない若手営業マン。毎月厳しいノルマが課されている不動産業界で懸命にがんばってはいるが、なかなか結果に結びつかず、日々上司から「このままじゃ今月もタコ(契約ゼロ)だぞ!」と、叱責を受け落ち込んでいた。

<宮野真守 コメント>
――台本を読んだ際の感想、「転職」についてのイメージなどございましたらお願いします。

打ち合わせの時に、監督さんやプロデューサーさんとも話したのですが、今回の「八王子道正」の年齢観が、今の僕とちょうどマッチしていて、「仕事」に関する価値観や環境に、共感する部分がたくさんありました。どんな内容かは、もちろんネタバレなので言えないのですが、所謂、「大人」になったからこその悩みと言いますか、「出来る男」だからこその悩みと言いますか(笑)。このドラマに登場した今までの「求職者」たちとは、また違う悩み、価値観、存在感を持っていると思います。並びに、性格も「自信家」ではあるので、まあ一言でいえば、「厄介なヤツ」ですね(笑)。

――演じるにあたり注意したことや、注目してほしいポイントなどありましたらお教えください。

「厄介なヤツ」と言いましたが、監督の演出も盛り上がって、若干「変なテンションのヤツ」な場面もありますが、楽しんでいただければ幸いです(笑)。そう言ったテンション感の意味でも、今までの求職者とは一線を画す部分はあると思いますが、いい歳して転職を繰り返す厄介な転職王子にも、譲れない理由があって……と言ったストーリーになっています。

――ドラマにちなみ、もし、宮野さんが「転職」されるとしたら、どういった職業かなど、イメージはありますか?

サッカー選手ですかね。サッカー部だったので。でも、ポジションが「右サイドベンチ」だったので、絶対無理ですね(笑)。

――撮影中のエピソードをお願いします。バラエティ番組で小芝風花さんと共演されていますが、ドラマ共演はいかがでしたでしょうか?

小芝さんとは今、食事を奢ったり奢られたりするバラエティ番組で共演しているので、ドラマで会うのは、始めこそばゆい感じではありましたが(笑)、小芝さんの繊細なお芝居が好きなので、共演できてとても嬉しかったです。成田さんもすごく自然に現場に受け入れてくれて、おすすめのパスタ屋さんを教えてくれたり(笑)、終始楽しく過ごさせていただきました。オフの時間に、一緒にカードゲームで遊んでくれたり、ずっと笑い声が絶えない、あたたかい現場なのだなと感動しました。

――第6話のみどころ、視聴者へのメッセージをお願いします!

魔王様に手強い敵現る、みたいな、ゲストのくせに「新章突入!」のテンションで参加させていただいたので(笑)、是非とも「魔王」vs「王子」の熾烈な戦いをお楽しみくださいませ。さらには今回のストーリーで、大人になってからの「仕事」について、僕も深く考えさせられたので、ご覧いただく皆様にも自分の環境や働き方、考え方などへ、素敵な影響を与えられればと思います!

<西垣匠 コメント>
――台本を読んだ際の感想、「転職」についてのイメージなどございましたらお願いします。

僕の大学の同期でも転職活動をしていたり、転職を視野に入れた就職活動をしていたりと、昔ほど特別なものではなくなったのだなという印象でした。なので、台本を読んだ時もきっと身近に起こっていることなのだろうなと、共感しながら読むことができました。

――エイダン不動産の若手社員・小池を演じるにあたり注意したことや、注目してほしいポイントを教えてください。

すごく現代の若者を投影しているなと思いました。自分からはなかなか動き出せない、指導を待つ人間だと思っています。彼が八王子と接触していくことで、どのように成長していくのか見ていただきたいです。

――ドラマにちなみ、もし、西垣さんが「転職」されるとしたら、どういった職業かなど、イメージはありますか?

エンタメ業界が好きなので、広告代理店やテレビ局に転職すると思います。

――撮影中のエピソードをお願いします。

作品は違いますが、宮野さんも僕も劇団☆新感線の舞台に出演していたので、その話で盛り上がりました。また、僕は怒られたり、凹んだりしているシーンが多かったので、宮野さんのアドリブに笑わないように必死でした。

――第6話のみどころ、視聴者へのメッセージをお願いします!

小池くんと同じように、何かに行き詰っている方、悩んでいる方の助け舟になるようなお話になっていると思います。ぜひ楽しんでいただけると嬉しいです!

<第6話あらすじ> 
来栖嵐(成田)のもとで見習いとして働くうちに、キャリアアドバイザーの仕事にやりがいを感じ、働くことに意味を見いだした未谷千晴(小芝)は、晴れて「シェパードキャリア」の社員になる。するとその直後、これまで6回の転職を経験している“転職王子”こと八王子道正(宮野)から、面談の申し込みが入る。過去に彼を担当した広沢絵里香(山口紗弥加)は何やら苦い経験があるようで、今回の担当を辞退。そこで、来栖と千晴のコンビに白羽の矢が立つ。

不動産会社でマンション販売を担当する39歳の八王子は、幾度となく売り上げトップで表彰され、自他ともに認めるトップセールスマン。17年目となる不動産営業の仕事は天職だが、一つの会社にとどまることが性に合わず、現在の会社も勤務3年目にして飽きてしまったという。「まるで戦場を渡り歩く傭兵ですね」――来栖は、この先も転職を繰り返すつもりでいる八王子に皮肉めいた一言を放つが、自分の実績と能力に絶対の自信を持つ八王子は、怒るどころか意に介する様子もなく、千晴はそんな八王子の強靭なメンタルにがく然とする。

その日の帰り道、千晴はひょんなことから天間聖司(白洲迅)という謎の男と知り合う。天間は、千晴が見習いから正社員になったばかりだと知ると「お祝いさせてほしい」と言い出し、千晴はなぜか初対面の天間にアイスクリームをごちそうしてもらう。

数日後、早速、不動産販売会社の面接を受けた八王子は、自分よりキャリアが浅く、実績も乏しいライバルを横目に、自信満々で自己アピールする。面接官の反応に手ごたえを感じた八王子は、採用を確信するが……。

関連記事(外部サイト)

  • 記事にコメントを書いてみませんか?